高校生のボランティア活動みんなは何をしてる? おすすめのボランティアは?

7

2020年05月13日 00:21  スタディサプリ進路

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

スタディサプリ進路

写真写真
地域の清掃活動やイベントなどのボランティア活動をしたことがある?
ボランティア活動に興味がある、夏休みにボランティア活動をしてみたい、と考えている人も少なくないはず。
実際、スタディサプリ進路が、高校生206人にアンケート調査を行ったところ、約半数の101人がボランティア活動に参加したことがあると答えた。
そこで、みんなは、どんなボランティア活動をして、どんな経験ができたのかを聞いてみた。
さらに、ボランティア募集情報サイトを運営する小澤佳祐さんに、高校生におすすめのボランティアについて、アドバイスをもらった。
【今回教えてくれたのは…】
高校生にオススメのボランティアとは?
出展:スタディサプリ進路

※ボランティア募集情報サイトを運営する小澤佳祐さん

小澤佳祐さん
株式会社activo代表取締役社長
1991年、京都生まれ。
立命館大学在学中に、学生ベンチャー企業内で国内最大級のボランティア募集情報サイト『activo』https://activo.jp/を立ち上げ、卒業後もactivoのサービス運営を続けている。
大学時代は、海外ボランティアや東日本大震災に伴う東北でのボランティア活動などを行い、NPOや市民社会を研究するゼミに所属していた。

みんなは、どんなボランティア活動をしたことがあるの?

高校生のボランティア活動みんなは何をしてる? おすすめのボランティアは?
出展:スタディサプリ進路

※高校生は、清掃やゴミ拾いのボランティア活動をした人が多いみたい

【どんなボランティア活動に参加したことがありますか?】
地域などの清掃・ゴミ拾い 37人
地域のイベントやマラソン大会 21人
高齢者施設や福祉施設の手伝いやイベント 12人
募金活動 5人
保育園の手伝い 4人
小学生に勉強を教える 4人
高校のオープンキャンパス 3人
小学生のスポーツイベント 3人
その他、プロスポーツの試合の手伝い、災害復興、バザー、子ども食堂、地域に花を植えるなど。
※スタディサプリ進路調べ:回答者101人(複数回答あり)
高校生のボランティア活動は、地元の清掃活動やイベントの手伝いが多いよう。今回、回答してくれた高校生の約8割の人が学校や部活で募集されたボランティア活動に参加している。
実際に、ボランティア活動をしてみてどうだったかを聞いてみた。
高校生のボランティア活動みんなは何をしてる? おすすめのボランティアは?
出展:スタディサプリ進路

※ボランティアに参加して良かったという声が多数!

社会貢献できて気持ちいい

・「中学生のころから、地域の清掃活動をしていますが、人のためになることをするのは、とても気持ちいいです。感謝されてもされなくても、自分が行ったことが社会に貢献していると感じると、良いことをしたと思えます」(高3女子・東京)
・「それまでボランティアをしたことがなくて、やる前は面倒くさいと思っていたけれど、先生に勧められてゴミ拾いのボランティアを経験してみたら、こういう活動がどれだけ重要かをしみじみ感じさせられました」(高3男子・広島)

人とのかかわり方を学んだ

・「友達に誘われて、高校のオープンキャンパスの手伝いをしました。初めてのことがたくさんで、緊張してしまうときもありましたが、人とのかかわり方など、さまざまなことを学び、有意義な経験になりました」(高3女子・京都)
・「所属しているサッカーチームのメンバーみんなで、小学生のサッカー合宿に参加。友達もいたので、自分も楽しめたし、合宿のお手伝いを通して小学生とのかかわり方やサポートの仕方も学べて、とても良かったです」(高3女子・大阪)
・「高校のイベントで、小さな子ども向けにプログラミングの授業をしました。人前で話すことがあまり得意ではなかったけれど、少しだけ自信がつき、教える力も身についたと思います」(高3男子・岡山)
・「暇だったので、学校で募集されていた小中学生に勉強を教えるボランティアを体験。真剣に勉強している姿を間近で見て、自分ももっといろいろなことを頑張ろうと思えました」(高3女子・北海道)

普段とは違った経験ができた

・「たくさんの人と話してみたくて、子ども食堂のボランティアをしました。普段の学校生活では経験できないようなことを経験できて良かったです」(高3女子・熊本)
・「誰かのために何かしたいと思って、支援学校の運動会のボランティアをしました。初めてのボランティアで緊張したけど、みんなが笑顔で私も楽しかったです。ダンスなどにも参加させてもらい、思い出に残りました」(高3女子・秋田)
・「保育士になる夢のために保育園ボランティアをしましたが、自分が感じているよりも先生たちが苦労していることがわかりました。いつでも子どもの目線に合わせたり、注意したり、ケガをしないように見守らなければいけないところに大変さを感じました」(高2女子・埼玉)
・「友達の紹介で、介護施設の夏祭りの手伝いをしました。普段はかかわらない年代の人たちと交流することができて楽しかったです。人に言われなくても自分から動くという当たり前のことが難しいことだと実感。自分の目指す道とは違う職業を知り、新しい発見がありました」(高2女子・長野)

楽しかったし、やりがいを感じた

・「駅のポスターで知った音楽祭のチラシやうちわを配るボランティア。初めてボランティアをして、裏方の苦労を体験できたし、こういう人たちがいるからこそイベントが開催されるのだなと実感できて楽しかったです」(高3女子・大阪)
・「募金活動は勉強になることが多く、何回か経験することによってコミュニケーション能力が高まると思います」(高3女子・熊本)
・「災害復興のボランティアで、すごくよろこんでもらえて、人助けができたことにやりがいを感じました」(高2女子・愛媛)
・「老人ホームの慰問ボランティアをして、人の役に立てるよろこびを実感しました」(高3男子・鹿児島)

高校生におすすめのボランティア活動は?


みんなは、いろいろなボランティア活動をしているが、これからボランティア活動を体験してみようという高校生には、どんなものがおすすめなのか、ボランティア募集情報サイトを運営する小澤佳祐さんに聞いてみた。 「基本的には、少しでも興味をもった分野の活動であれば、何でも参加してみることをおすすめしています。
ボランティア活動自体がとても多様で、本当にたくさんの種類の活動があるからです。
その中であえて、参加しやすさや活動自体の多さ、人気を考慮すると、下記のようなボランティア活動が高校生におすすめです」
1)単発で参加できるボランティア活動 「まずは参加しやすい『1日限り』『2〜3日』の単発で募集しているボランティア活動から始めてみましょう。
楽しさを知るきっかけになりますよ」
2)子どもと関わるボランティア活動 「小学校や幼稚園の先生、保育士の仕事に興味がある高校生には特におすすめです。
かわいい子どもと触れ合える、一緒に身体を動かすのが楽しい、子どもの成長に自分も影響される、といった魅力があります」
3)清掃活動やイベントのボランティア活動 「専門的な知識やスキルがなくても気軽に参加できて、ほかのボランティアの方々と一緒に協力しながら、楽しく活動できる点が魅力的です。
特に、大規模な清掃ボランティアやイベントの場合は、共に活動するボランティアスタッフと達成感や一体感を味わうこともできます」

自分に合ったボランティア活動を探すには?

ボランティア活動を探すには、 ヽ惺擦侶納板に貼られているポスターや配布されたチラシをチェックする。担任の先生や部活動の顧問の先生に聞いてみる。
地元の駅や商店街、公共施設の掲示板などに貼られているポスターをチェックする。
ボランティア募集情報サイトで探す。
ぅ椒薀鵐謄ア団体のホームページを調べる。
ゥ泪薀愁鸞膕颪覆匹離ぅ戰鵐箸離曄璽爛據璽犬如▲椒薀鵐謄ア募集の告知を探す。
など、いろいろなところで募集されているので、情報収集してみよう。
小澤さんが運営するボランティア募集情報サイト『activo』では、『高校生も参加可能なボランティア募集』のページがあり、活動場所や活動テーマなどの条件で絞り込むことができるから、自分に合ったボランティア活動を探しやすい。 「さまざまなボランティア活動があるので、まず、いろいろと調べてみて、その中で『これが何となく気になる!』という活動をみつけてください。
ボランティア活動を探すときは、下記のような質問に答えてみることで、自分に合ったボランティア活動をみつけることができると思います
1)気軽に参加したい? 本気で取り組んでみたい? 「気軽に参加したいなら、単発の活動や、頻度が少ない活動にチャレンジしてみましょう。
本気で取り組んでみたいなら、高校生ボランティア団体に所属して同じ志の高校生の仲間と一緒に活動をする、NPOのインターンシップや定期的に続けられるボランティア活動に参加する、といった選択肢もあります。
ただし、皆さんはまだ高校生なので、まず一度体験してみて、そこで感じたことや学んだことを次のボランティア活動に生かそう、という気持ちで参加することをおすすめします」
2)何を得たい? どんな経験をしたい? 何を学びたい? 「ボランティア活動には、少し『自己犠牲』のようなイメージがある、という人もいるかもしれませんが、活動を通して自分も楽しんだり、成長できるのは全然悪いことではなく、むしろとてもすばらしいことです。
ボランティア活動を好きになるためにも、ぜひ、自分が人に貢献する過程で何を得たいのか、どんな成長をしたいのか、何を勉強したいかも大切にして、活動を選んでください」
3)どんなことに興味がある? 「教育・国際協力・貧困・福祉・障がい・難病・難民・高齢者・環境・医療・動物・災害・地域活性化・スポーツ・文化・農業・ジェンダー・メンタルヘルス・人権・自分らしさなど、本当にたくさんの分野のボランティア活動があるので、上のようなキーワードを見たときに、『どのキーワードにピンとくるだろう?』と自分に問いかけてみましょう。
『特にピンとくるものはない』という人も、全然問題ありません。
大人でもピンとこない人は多いと思いますし、そういった場合は違う軸(気軽さ、身体を動かしたいなど)で活動を選んでみてください」
「上記の質問に正解はなく、どちらが良いとか悪いという話でもありません。『気軽な気持ちで参加したらダメなんじゃないか?』などと心配しなくても大丈夫。
そのボランティア活動が自分に合うか合わないかの問題なので、素直な気持ちで答えてみましょう」

ボランティア活動に応募するときに気をつけることは?

高校生のボランティア活動みんなは何をしてる? おすすめのボランティアは?
出展:スタディサプリ進路

※ボランティア活動に応募するときに事前にチェックしておいたほうがよいことって?


初めてボランティア活動をするときは、不安いっぱいの人も多いだろう。応募するとき、事前にチェックしておいたほうがよいこと、気をつけることは何だろうか? 「ボランティアの受け入れ先の団体が信頼できるかどうか、確認しておくと安心ですね。
最も簡単な確認方法は2つあります」
1)団体の『法人格』を確認する 「ボランティアの受け入れ先の団体の名称をチェックして、『認定NPO法人(認定特定非営利活動法人)』『公益財団法人』『公益社団法人』という法人格がついていたら、信頼できる可能性が高いでしょう。
これらの法人格は、厳しい審査基準をクリアしないと取得できないため、ひとつの目安になります」
2)団体のホームページを調べる 「ボランティアの受け入れ先の団体名などでインターネット検索を行うと、その団体のホームページがみつかるはずです。
ホームページを見て、『最新の情報が発信されているか』『活動報告がきちんと行われているか』『団体の連絡先や代表者名などがきちんと公開されているか』を確認しましょう。
必ずしも問題のある団体、というわけではありませんが、下記のような気になる点があった場合は、『きちんと団体の代表者のプロフィールが公開されているか』『活動意義や活動報告が行われているか』『団体名でインターネット検索をしてみて、情報がヒットするか(全然情報が出てこない場合は活動の実態がない恐れもあります)』を追加調査したほうが良いでしょう。
・団体のホームページが無料ブログや無料ホームページ作成ツールで簡単に作られている、SNSのみで運営している(無料ツールで作成されたから必ず問題があるというわけではありません)。
・設立されて間もない団体(例えば今年設立されたばかり)だが、代表者や活動の意義に関する情報が薄い。
・連絡先となる電話番号が掲載されていない、もしくは携帯電話番号のみしか公開されていない。
申し込みをする前に、親や学校の先生にも団体のホームページを見せて最終確認をしてもらえるとより安心できます」
もちろん、上記の条件に合っていなくても、きちんと活動しているボランティア団体はあるけれど、高校生が初めてボランティア活動に挑戦するときは、信頼できそうな団体を選んだほうが無難かもしれない。

夏休みにおすすめのボランティア活動は?

高校生のボランティア活動みんなは何をしてる? おすすめのボランティアは?
出展:スタディサプリ進路

※夏休みを利用して海外でボランティア活動に参加する人も


夏休みは、いろいろなイベントが開催される時期でもあるので、この機会にボランティア活動をしたいと考えている人も多いだろう。
夏休み限定のボランティア活動で、高校生におすすめの内容を教えてもらった。 「その人に合ったボランティア活動があると思いますので、基本的には、興味のある分野を選んだり、『友達に誘われたから』などのいわゆる『ご縁』で活動を始めてもいいでしょう。
ただ、夏休みだからこそ思いきって参加できるボランティア活動、夏休みならではの魅力的なボランティア活動もたくさんありますので、いくつかご紹介します」
・海外でのボランティア活動やスタディツアー 「海外の子どもに日本語や勉強を教えたり、環境保護活動や災害復興支援など、高校生でも参加できる海外ボランティア活動は数多くあります。
海外でのボランティア活動をきっかけに、『NPOやNGOに興味をもった』『大学生になってから国際協力の学生団体を立ち上げたり、メンバーになった』『国内の社会問題にも興味をもつようになった』など、大きな影響を受ける人は少なくありません。『とにかく忘れられない思い出になった』という声も多いですね。
私の場合は大学1年次の夏休みでしたが、海外ボランティア活動に参加したことからボランティア活動に関心をもち、今ではボランティア募集情報サイトを運営する会社の代表をやっています。
もしかすると、皆さんの中にも、ボランティア活動で大きく人生が変わる人がいるかもしれませんよ」
・子どもの宿泊キャンプのボランティア 「海外ボランティア活動と同様に、数日間宿泊する形のボランティア活動は、通常の活動よりも大きな学びや感動、仲間との出会いがあることが多く、おすすめです」

興味のあることから気軽にボランティア活動に挑戦しよう

高校生のボランティア活動みんなは何をしてる? おすすめのボランティアは?
出展:スタディサプリ進路

※気軽にボランティア活動に挑戦してみよう!


地域のゴミ拾いから海外での国際協力まで、ボランティア活動は多種多様。
自分に合ったボランティア活動をみつけて、楽しい思い出を作ったり、やりがいを感じたり、たくさんのことを学んで成長しよう。 「事務的な部分も含めて、事前に受け入れ先団体からしっかり説明を受けて、自発的に楽しみながら活動しましょう。
ボランティアのメンバーたちは『誰かのため、何かのために活動しよう』という非常にポジティブな目標を共有しているため、ボランティア活動中は自然に協力的で明るい雰囲気になることが多いので、安心して参加してほしいですね。
ボランティア活動がほかと違って特別なのは、『誰かが困っている、何か問題があるから活動する』という大義名分が用意されていることだと思います。
『行動する立派な理由』があるので、あとはぜひ一歩踏み出していただきたいです!」
2020年3月スタディサプリ進路しらべ
2020年3月の取材時点の内容になります
※※ 関連記事
JICAから市の職員に。東京→アフリカ→岩手で働いて感じたこと【リクナビ進学ジャーナル】
国際機関や政府組織、NGO…国際協力に携わる組織にはどんな種類があるの?

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 期待はずれで全部読んでないが、私はこの感染の時期に高校生はどんなボランティアをしているのかとか、どんなのを立ち上げてるのかという話だと思った。今何ができるかが大事
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 今はコロナでやってないと思うけど医学部志願の子達が病棟でボランティアしていて、食事メニューの注文取りやブランケット持ってきてくれたり夫が世話になった。
    • イイネ!3
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定