GENIC デビュー前に思い出の場所へ、MVが「エモい」とファン反響

0

2020年05月18日 16:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

5月27日(水)にデビューアルバムのリリースを控えるエイベックスの新ダンス&ボーカルグループ・GENICが、アルバム収録曲『抱きしめたら』のミュージックビデオを公開した。

ダンス&ボーカルの王道に挑戦した初MV『SUN COMES UP』に続く今作はメイキング仕立て。撮影前日までにリーダー西本茉生が他のメンバー6人に伝えた連絡事項は集合時間と持ち物のみ。早朝、集合してきたメンバーがバスに乗り込むところから本編はスタートする。どこへ連れていかれるのだろうかと疑心暗鬼で出発したが、いざバスが走り始めると遠足状態になってしまう平均年齢17.8歳の男女混合グループ。車中や立ち寄ったサービスエリアでの和気あいあいした雰囲気が映像を通しても伺える。

そして、メンバーを乗せたバスが到着したのは、千葉県の房総半島最南端にある海沿いの合宿所。約1年前、GENICの前身であるオーディションユニット・a-genic PROJECTの合宿が繰り広げられた場所だ。しばしのあいだ懐かしんでいると、運動着への着替えが指示され、a-genic PROJECT合宿時に毎朝ランニングしていたコースを走ることに。そう、リーダー西本がメンバーをここへ連れてきたのは、デビューを目前に「原点を見つめ直すために、みんなで合宿所前の海沿いを走る」という目的だった。

YouTubeプレミア公開でメンバーと一緒にMVを観たファンからは、「ロケ地がa-genicの合宿場所なのはエモい!」「ドキュメンタリーを思い出して感動してしまった」「懐かしい〜」などの声が相次いだ。

なお、昨年のa-genic PROJECTの模様はYouTubeチャンネル内にドキュメンタリー映像が揃っており、GENICが結成されるまでのひと夏の物語を知ることができる。

MV公開後の週末日曜日には「GENIC HOUSE」と題した各メンバー自宅発のZoomトーク企画も実施。MV撮影時のエピソードなどを語り合った。

6月から予定していた初全国ツアーは、ソールドアウトの公演が続出していたにも関わらず、新型コロナウイルスの影響で中止となってしまったが、アフターコロナの世界も見据えたオンラインでのファンコミュニケーションや作品発表など、次世代グループならではの感覚と手法でGENICは突き進んでいくようだ。



    あなたにおすすめ

    ニュース設定