あのテラスハウスメンバーは今! 「テラハNo.1クズ」軽井沢編・雄大、すすきのでバー開店も「キナ臭い」男に?

0

2020年05月18日 16:22  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

 見ず知らずの男女6人が、シェアハウスで共同生活する様子を記録したリアリティ番組『TERRACE HOUSE(テラスハウス)』(以下、テラハ)。2012年の放送スタートから、現在の「TOKYO 2019-2020」編(NetFlix先行配信)まで、数多くのメンバーがテラハを巣立っていった。筧美和子、島袋聖南など、その後も表立って活躍する元メンバーもいるが、そうではない者も多い。テラハを盛り上げたあの人は卒業後、どこで何をしているのだろう――。

 そこで、現在の様子を探るテラハ版「あの人は今」を企画。今回は、17年の軽井沢編に出演した雄大にスポットを当てる。

◎クズ名言で振り返る雄大の軌跡
 当時19歳だった雄大は料理人志望。入居期間は、たった2カ月だったが、あらゆる面でダメ男っぷりを発揮し、さまざまな“クズ名言”を残した「テラハNo.1クズ」として、ファンの間で伝説と化している。

 まずは仕事面。高卒後、調理師の専門学校に入ったが、「俺は現場(バイト)のほうが向いてる」と半年足らずで中退。その“現場”もテラハ入居を理由に辞めており、軽井沢での新しいバイト探しには、なぜかメンバーに付き添ってもらっていた。

 「料理のことは自分ではMAXでできてるつもり」と言うものの、テラハで料理をすることはほぼなし。「明日、一日中キッチンに引きこもりやす!」と突然宣言したこともあったが、翌日午前11時を過ぎても爆睡していて結局作った形跡はない。

 ついにメンバーから「なぜ料理しないのか」と聞かれると、「なんか俺が入っちゃマズイかなと思って(笑)」と言い訳した後、「俺は毎日勉強してるけど、みんなは料理で何か目指してるわけじゃないじゃん。勉強してない人たちにいろいろ言われるのがイヤ」と主張。毎日何を勉強しているのかと詰められると、「素材の見極め。後は何だろう……、火の入れ方とか? その知識を今、根こそぎ集めているとこ」と“根こそぎ”を強調していた。

 次に恋愛面。4年付き合っていた元カノを振ってテラハに入った雄大は、料理より恋にアクティブ。モデル志望の安未が気になるがゆえ、進路に悩む安未に「一体どこ目指してんの?」と自分を棚に上げてダメ出しし、泣かせる。

 後日ドライブデートに誘うが、免許を持っていないため運転は安未。もちろん会話は盛り上がらず、雄大はなぜか「今日は俳句を詠む」と意気込むも断られる。食事中も沈黙が流れ、雄大は言い訳のように「俺、黙っちゃう派。自分の舌と会話しちゃう」と料理人ぶる。安未に「イキらないほうがいいよ」と言われ、勝機はないと悟ると元カノを呼び出し、「未練なかったら呼んでないからね」「今日、俺に靴下履かせてくれる?」とクズなセリフですがった。

 最後は金銭面。無職・所持金2,000円でグッチやブルガリを見て回り、「パピー(父親)のカードあるから。パピーのカネ」。その態度をメンバーに注意されると、「あとで返すよ全部。俺の中では計算してるよ、全部。最終的に返したら別に良くない? 一人ひとり違う価値観に、自分の意見押し付けて悪く言うのは良くないと思う」と逆ギレし、メンバーを泣かせていた。

 そんな雄大が卒業を決意したのは、再び生活態度を注意された直後。「自立したいと思って入ってきたけど、みんなが助けてくれるから自立できない」との理由だった。メンバー全員が絶句する中、「今まで以上にでっけえ男になりてえなって。キチ〜のはわかってますけどね……」と自己陶酔モードに入った姿が印象に残っている。

 雄大は卒業後の18年2月、インスタグラムで「とりあえず厳しくて忙しく環境で料理ばっかやってます」(原文ママ)とつづっていた。その言葉通り、卒業後も軽井沢の飲食店で「修行」していたそうだが、同年8月にはバイトの「卒業」も報告。

 その後はどういう風の吹き回しかアパレルに携わり、コシノジュンコと撮った写真を載せるなどしていたが、昨年12月、札幌すすきのにバーを開いた。ところがタイミング悪く、コロナウイルスが猛威を振るい出す。

 北海道ではいち早く2月28日から緊急事態宣言が出され、バーも止むなく休業か……と思いきや、雄大はバーの宣伝を続け、全国でも緊急事態宣言が出された直後の4月8日に、22歳の誕生日を迎えると、バーで3日連続のパーティーを開くと発表。「札幌にきて初の誕生日なのでみんな来てくれると嬉しいです」と投稿し、「自粛しろ」といったコメントが複数寄せられた。バーで料理を振る舞っているのかは不明だが、空気が読めなところは改善されていないようだ。

 また、怪しげなビジネスの片棒を次々と担がされているのでは? という疑惑も拭えない。インスタのストーリーのアーカイブには下記のような内容がまとめられている。

不動産……「家買いたい方。関東圏で一番初期費用抑えられます」「社長が知り合いなので直接繋げられます! たぶん僕を通せば大丈夫です。笑」
Wi-Fi……「現時点での最速wi-fi 僕紹介のために作ってもらったプランになります! うまく僕のこと使ってくださいね!」
人材派遣……「1万4000社まで増えました。いい条件出せます! 今の職場には満足してない方 もっと給与が欲しい方」

 さらに「ステマじゃないです。今世間はコロナウイルスで大変です」と前書きしたうえで、「燕の巣に含まれてる成分が99%ウイルスブロック」と掲げた「のど飴」も宣伝。「皆さん僕をうまく使ってください(中略)自己の利益はどうでもいいです」と書いているが、冷静に考えれば、のど飴を舐めるより、バーを閉めたほうがウイルス拡散防止効果は高いのでは。

 雄大は、何かにつけ「皆さん僕をうまく使ってください」と訴えており、つまり「俺の知名度、利用していいぜ」と言いたいようだが、インスタのフォロワー数は2.6万人。同期のテラハ男子メンバーと比べても、スノーボーダー・貴之が13.9万人、モデル・至恩は21.6万人と、桁が一つ足りない。テラハ元メンバーとしては最低レベルのフォロワー数である。雄大が目指しているのは一体、どこなのだろうか。ちなみに、雄大が「どこ目指してんの」とダメ出しした安未は現在、「CanCam」(小学館)専属モデルとして活躍中である。

 テラハ視聴者に「ちゃんと生きなきゃ」と思わせてくれた反面教師・雄大が、まっとうに生きる術を見つけることを願いたい。

    ニュース設定