『逃げ恥』特別編の放送予告も……「正直、もう星野源見たくない」「今さら“恋ダンス”?」と冷めた声

0

2020年05月18日 22:42  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

 5月19日に『逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン!特別編』(TBS系、以下『逃げ恥』)が放送されることが明らかになった。しかし、一部ネット上では「正直、もう星野源見たくない」「今さら“恋ダンス”?」と冷めた声が上がっている。

 2016年秋に放送された『逃げ恥』は、派遣切りにあった主人公・森山みくり(新垣結衣)が、恋愛経験のないサラリーマン・津崎平匡(星野源)と給料の発生する“契約結婚”をするという内容。雇用主(津崎)と従業員(森山)というビジネスの関係で結ばれた2人だったが、一緒に暮らしているうちに恋愛感情が芽生える……というラブコメディーだ。

「初回こそ平均視聴率10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でしたが、回を重ねるごとに人気が急増し、最終回は20.8%を記録する大ヒットドラマとなりました。主題歌に起用された星野の『恋』に合わせ、出演者たちがエンディングで踊る“恋ダンス”は大きな話題となり、SNSやYouTubeなどにダンス動画をアップするのが大流行。社会現象にまでなったほどです。今回は、過去の再放送に加えて未公開カットも放送予定で、さぞ盛り上がるかと思いきや、一部ネットユーザーは『あの騒動以降、星野源見るとモヤモヤする』『恋ダンス踊ったって、どうせ後から削除するんでしょ』と、意外な反応を見せています」(芸能ライター)

 その背景には、4月3日に星野がインスタグラムに投稿した新曲「うちで踊ろう」の動画が関係しているようだ。星野は、ギター弾き語りの同曲を、ハッシュタグ「#うちで踊ろう」をつけて公開し、「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と呼びかけていた。

「しかし、同12日に安倍晋三首相がコラボ動画を自身のインスタで公開すると、星野はインスタのストーリーで、『これまで様々な動画をアップして下さっている沢山の皆さんと同じ様に、僕自身にも所属事務所にも事前連絡や確認は、事後も含めて一切ありません』とコメント。安倍首相の動画がネット上で猛批判を浴びていただけに、それへの弁明と思われますが、ほかの芸能人には好意的な態度を示していただけに、一部のネットユーザーから『許可取ってほしかったということ?』『「逃げたな」としか思えない。言いたいことがあるならはっきり言えよ』『好きだったけどがっかり』と批判が噴出することに。結果、好感度がガタ落ちし、ファン離れが起こっているとも言われています」(同)

 なお、TBSは『逃げ恥』特別編の放送に合わせて、YouTubeに新垣と星野が踊る「恋ダンス」動画をアップし「#恋ダンスを踊ろう」と呼びかけているのだが、17年には、星野が所属するレーベル・スピードスターレコーズが、「お客様ご自身で“恋ダンス”動画の公開中止・削除を行っていただきますよう、お願いいたします」と要請。大量の動画が削除された過去がある。

「著作権の関係で動画を削除しなければいけなかったようですが、当時は『「みんなで踊って」と煽っといて動画を削除するなんて自分勝手』と批判が寄せられていました。にもかかわらず、今回再び『#恋ダンスを踊ろう』と呼びかけていることで、『話題づくりに使ったくせに、今さらかよ』『前回同様、どうせしばらくしたら削除するんだろ』とネットユーザーからは冷たい視線が送られています」(同)

 主演の新垣にとっては完全なとばっちりだが、こうした影響が視聴率にまで影響を及ぼさないといいのだが……。

    ニュース設定