空気清浄機の「失敗しない選び方と使い方」フィルターはどう洗う?

2

2020年05月24日 07:11  日刊SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊SPA!

写真※写真はイメージです
※写真はイメージです
 新型コロナウイルスの感染拡大で外出を控える動きが広がるなか、気になるのが室内の空気の汚れ。適度に換気をしようにも、花粉も飛び交う時期などは、部屋の換気に頭を悩ませる人が多いはず。そこで活躍するのが、花粉やホコリなどを除去してくれる空気清浄機だ。この機会に空気清浄機の購入や買い替えを検討している人が注意すべき点はあるのだろうか。総合家電エンジニアとしてさまざまなメディアで活躍する本多宏行氏に、失敗しない空気清浄機選びのポイントや長く使うためのコツを聞いた。

◆「加湿」と「除湿」で適合する畳数範囲は異なる場合も

 空気清浄機を選ぶときにまず最初に見るべきポイントは、使用する部屋の畳数範囲内に適合しているかどうか。

「たとえば、12畳のリビングで使用するなら、畳数範囲が12畳以上の商品を選ぶべきです。ただし、それだけでなく、畳数範囲が大きければ大きいほど、商品の重量や質量も大きくなるため、使用環境に適合している商品を選ぶ際は、実際に家電商品販売店に訪問されて、サイズ感なども確認してみることをおすすめします」

 また、空気清浄機が加湿機能や除湿機能を持ち合わせている場合は、加湿と除湿でそれぞれ畳数範囲が異なる点にも注意が必要だ。こちらも併せて、家電商品販売店でチェックするようにしたい。

 近年は、スマホやスマートスピーカーと連携した機能を持った空気清浄機も登場している。自宅にWi-Fiの環境がある場合はこれらのモデルをチェックするのもおすすめだ。

「住居内で有害な物質をまったく発散させない環境を作ることは、非常に困難です。壁のクロスなどには塗料と接着剤が含まれるほか、室内に侵入してくるPM2.5や花粉なども含めれば、空気中には多種多様の物質が舞っています」

 室内の空気に、どのような物質がどれだけ含まれているのか気になる人にピッタリなのが、スマホやスマートスピーカーと連携して、空気中の物質を計測できるタイプ。ほかにも、部屋に合わせた最適な運転モードを自己学習するAI機能を搭載した空気清浄機も存在する。興味のある人は、これらの機能を持った商品をチェックしてほしい。

◆汚れが目立っても集塵・脱臭フィルターの水洗いはご法度

 また、空気清浄機で特に汚れが気になるのは、集塵フィルターや脱臭フィルター。手早く水洗いをしている人がいるかもしれないが、本多氏によると「集塵・脱臭フィルターの水洗いはご法度」だという。

「集塵フィルターや脱臭フィルターを水洗いしてしまうと、本来の性能や効果は低下します。また、集塵フィルターにはお手入れが可能な面と不可能な面があります。取扱説明書をきちんと読み、正しく掃除をするようにしてください」

 一方、加湿フィルターは水洗いできる場合も多いが、汚れを落とすためならどんなことをしてもいいというわけではない。

「加湿フィルターを古くなった歯ブラシなどで擦ることや、洗濯機で洗うこと、乾燥機で乾かすことは絶対に行わないでください。ひどく汚れている場合や臭いが気になる場合は、酸素系漂白剤やクエン酸などのケミカル品の使用が許可されている場合もあります。こちらも取扱説明書やメーカーホームページを確認して、正しく手入れをすることが何より大切です」

 フィルターのほかに、本体の外装や吹出口などを掃除するのも欠かせない。日々のメンテナンスを怠るとかえって空気が悪くなる可能性もあるので、こまめなチェックを心がけたい。

本多宏行氏
大手自動車ディーラーでメカニックを経験したのち、1999年に延長保証会社のテックマークジャパンへ入社。長年延長保証の修理精査業務に携わる。幅広い家電製品の専門知識が必要な総合家電エンジニアの資格を取得し、さまざまなメディアで活躍

このニュースに関するつぶやき

  • どんなに高い空気清浄機を買っても使えるのは2年ぐらいでほとんど洗える部分もゴシゴシ出来ないからあまり綺麗にならない。交換フィルターは高額2万円とか�������������ӻ������� https://mixi.at/a8seUKz
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定