マストドン「mstdn.jp」、6月30日に終了 「中傷に対する法制強化に対応できない」

66

2020年05月25日 17:12  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真mstdn.jp公式アカウントからの告知
mstdn.jp公式アカウントからの告知

 分散型SNS「マストドン」のインスタンス「mstdn.jp」と「mastodon.cloud」を運営する分散型ソーシャルネットワーク機構は5月25日、両インスタンスを6月30日に終了すると発表した。ネット上の中傷に対する法制強化が実現された場合、運営の事務負担増加に対応しきれないと判断したという。



【その他の画像】



 25日に菅義偉官房長官が記者会見で、ネット上の中傷に対してプロバイダー責任制限法の規定などから「適切に対応を図っていく」と発言。これを受けて同社は、「現在の体制では訴訟や開示請求があった場合の適切な対応は困難」として、両インスタンスを終了することを決めた。



 mstdn.jpはマストドンブームの初期、世界最大のユーザー数を誇っていたマストドンインスタンス。2018年10月に、創設者のぬるかるさんからきぼうソフトへ譲渡。きぼうソフトは19年7月に運営専用の別会社として分散型ソーシャルネットワーク機構を立ち上げ、mstdn.jpとmastodon.cloudの事業を移行した。5月時点でのユーザー数はmstdn.jpが約20万人で、mastodon.cloudが約6万人。



 分社化の理由についてきぼうソフトは、「両インスタンスの持続的な発展と透明性の向上」を掲げていた。しかし分散型ソーシャルネットワーク機構の財務諸表を見ると運営費が一方的に支出される中、売上が全くなく、ビジネスとして成り立っていなかったことがうかがえる。



 日本初の大規模インスタンスのうち、ドワンゴの「friends.nico」は19年4月に終了。ピクシブの「Pawoo」は19年12月にクロスゲート(千葉県船橋市)へ譲渡され、運営はラッセル(東京都千代田区)が引き継いだ。現在の世界最大インスタンスはPawooで、ユーザー数は約62万人。



●追記:2020年5月25日午後5時30分



 分散型ソーシャルネットワーク機構はmstdn.jpの公式アカウントで、「運営の引継ぎ・譲受を希望する場合はsns@bunsan.socialまで連絡してほしい」と呼びかけた。



【訂正:2020年5月25日午後6時30分 記事初出時、本文中で「mstdn.cloud」と表記していましたが、正しくは「mastodon.cloud」です。訂正してお詫びいたします。】


このニュースに関するつぶやき

  • え?と思ったけど mstdn.love は無事だった。ぜんぜん使ってないけど、twitterへの連携がアプレットエラーで機能しなくなってることに気付いた。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 誹謗中傷は良くないが、反論や同調はその類いではない事を、監視する「AI」は理解出来ない。殺人の一報に対し「殺すなんて」とコメすると、監視AIは「殺す」と言う単語に反応して「危険」と判断。結果、検索に引っ掛からない隠語が生まれ、また場が荒れる。そう案じてしまう今日この頃。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(34件)

あなたにおすすめ

ニュース設定