「トンネル素掘りやん」「ひぃぃ崖すれすれ……」 ギリシャ登山鉄道のノーカット前面展望がダイナミックすぎる

5

2020年05月25日 19:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真絶景を堪能できるギリシャ登山鉄道の動画が公開
絶景を堪能できるギリシャ登山鉄道の動画が公開

 素掘りのトンネル、崖っぷち、そして岩の真下を通り抜ける……。ひぇぇ。ギリシャの登山鉄道は日本では見られない驚きの車窓の連続です。



【画像】「削っただけの岩の真下」を通過するワイルドすぎる車窓



 ギリシャのYouTubeチャンネルsidirodromeasが投稿した動画で、ギリシャの鉄道路線「オドンドトス」のノーカット前面展望を楽しめます。



 オドンドトスとは「ディアコフト・カラヴリタ鉄道」の愛称です。軌間は750ミリ。日本の在来線でよくある軌間1067ミリよりも狭く、小さい鉄道で、専用のディーゼルカーが運行しています。途中の急勾配区間はラックレールでグイグイ登る「アプト式」を採用しています。



 動画はギリシャ西部のディアコフト駅を出発し、標高750メートルに位置するカラヴリタに向かうまでの車窓を楽しめます。平地なのは最初だけで、すぐに山を登る険しい登山鉄道の景色に変わります。ラックレール区間に入るとその厳しさは倍増。最大勾配は175パーミル(‰)。日本の最急勾配アプト式鉄道として知られる大井川鐵道井川線は90パーミルなので、いかにすごい勾配なのかが伺えます。



 途中からさらに景色が変わります。崖ギリギリを通過する場所や、むき出しの岩の下を通過する場所など、想像したら思わず「ひぃぃ」と声が出るほどの険しい線形が登場します。



 ゴツゴツした岩が剥き出た山肌の真横まで迫ったり、素掘りのトンネルを通過したり……。切り立った山間を走り抜ける路線ならではのスリルのある車窓は見ていて飽きません。



 動画には「現実を忘れるほどすばらしい景色だ」「列車の音までいいね」などの高評価コメントもたくさん。再生時間は1時間1分と圧巻の長尺モノですが、変化に富んだ車窓は飽きることがありません。見終わったらちょっとした旅行に行った気分になれますよ……!


このニュースに関するつぶやき

  • 軽便鉄道は762mmが主流なのに750mmとは珍しいね。最大勾配は175パーミル(‰)・・うーん関西最強の酷道308号の暗峠ほどではないが、鉄道としては凄いものだ。
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • 軽便鉄道は762mmが主流なのに750mmとは珍しいね。最大勾配は175パーミル(‰)・・うーん関西最強の酷道308号の暗峠ほどではないが、鉄道としては凄いものだ。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定