いろいろなデバイスでThinkPadの快適タイプを実現! 「ThinkPad トラックポイント キーボード II」に感激した

0

2020年05月26日 13:13  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真7年ぶりの新製品となるThinkPad トラックポイント キーボード II(日本語配列)
7年ぶりの新製品となるThinkPad トラックポイント キーボード II(日本語配列)

 ThinkPad トラックポイント キーボード II(以下「TTPK II」と呼んでしまおう)は、レノボのノートPC「ThinkPad」が搭載するキーボードユニットを取り出して、独立した外付けキーボードとして仕立て直した製品だ。



【その他の画像】



 「II」とあるように、この製品には「ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード(英名:ThinkPad Compact Bluetooth Keyboard with TrackPoint)」いう先代がある。先代の登場は2013年であり、実に7年ぶりの後継モデルとなる。



 この記事では、待望の新モデルたるTTPK IIをじっくり試す。



●ThinkPadと“うり二つ”な見た目と打ちごこち



 ThinkPadユーザーがThinkPadを使い続ける大きな理由の1つに「キーボードがとにかく使いやすい」というものがある。その使いやすいキーボードを外付けにして、自分が所有する全てのWindows PCやAndroidデバイス(Android 8.0以降)で使えるようにしてくれるのが、TTPK IIの最も重要な存在理由といっていい。



 公称値でキーピッチは約19.05mm、キーストロークは約1.8mmを確保している。「デスクトップPCで使う外付けキーボードだもの、19mm台のキーピッチは当たり前でしょ?」と思うかもしれないが、TTKP IIのサイズは、約305.5(幅)×164(奥行き)×13.7(高さ)mm、重さは約516g。小型軽量で携行もできる「Happy Hacking Keyboard(HHKB)」の約294(幅)×120(奥行き)×40(高さ)mm、重さ約540gとさほど変わらない。



 実際、筆者が所有するノートPC「ThinkPad X1 Carbon」と比べると、キーボードユニットのサイズや配置はほぼ“うり二つ”だ。



 うり二つなのはキーをタイプした感触も同様だ。主観的な表現で申し訳ないが、わずかに重めのキーを押し込んだ時の指の力は、キーボードユニットが「カチッ」と受け止めてくれる。キーストロークは2mm近くあるので、キーを押し下げる感触を明確に認識できる。



 加えて、TTPK IIは底面後方の両側に折り畳みスタンドを用意している。このスタンドを立てると、TTPK II本体が浮き上がって角度(実測で約6度)が付く。この状態でタイプすると手首が楽になる。



 タイプ音は“カチカチ”と明瞭に聞こえるが、音量は大きくない。静まり返った図書館で使うと気になるかもしれないが、多少ざわついている喫茶店ならまず聞こえないだろう。



 スタンドで本体が浮き上がるとタイプ音がキーボード内部で響いてうるさくなる外付けキーボードも多いが、TTPK IIはそのようなことはない。スタンドを立てて本体を浮き上がらせてもタイプ音は静かなままだ。



●「Bluetooth+専用ドングル」のデュアルワイヤレス構成



 Windows PCやAndroidデバイスとの接続は、Bluetooth、もしくは専用の2.4GHz無線モジュール(ドングル)を介してワイヤレスで行う。



 製品のパッケージにはUSB Type-A to USB Type-Cケーブルが1本付属し、TTPK IIの本体にもUSB Type-C端子があるものの、これらはあくまで“充電専用”で(給電は5V/350mA)、接続はワイヤレスのみとなる。



 Bluetoothによるキーボード接続について、大人数がBluetoothを利用している空間では、キーボードの入力が不安定になることがある。このことから、あえて有線接続キーボードを愛用するユーザーもいる。その意味で、USBケーブルによる有線接続モデル「ThinkPad トラックポイント・キーボード(ThinkPad Wired USB Keyboard with TrackPoint)」が存在した先代と比較して不安を覚える向きもあるかと思う。



 その場合でも、この製品なら専用2.4GHz無線モジュールを使って接続すれば、安定してキー入力が維持できる。このモジュールはTTPK II本体のホルダーに収容されていて、使う際はデバイスのUSB Type-A端子に取り付けて使う。本体に収納して持ち運べるので、「いつでもどこでも」使える利便性はBluetoothとそれほど変わらない。



●WindowsだけではなくAndroidでも便利



 先述の通り、TTPK IIはAndroidデバイスでも利用できる。接続方法はWindowsと同様で、Bluetoothか(あまり使われないかもしれないが)2.4GHz無線モジュールのいずれも利用できる。ただし、接続時は本体背面の「オペレーティング・システム・スイッチ」をAndroid側(ドロイドアイコンのある方)にする必要がある。



 今回レビューしている日本語配列モデルの場合、文章入力時の日本語と英字の切り替えは、Windows PCと同様に「半角/全角」キーで行える。Ctrlキー+C/X/Vキーの組み合わせによる「コピー」「切り取り」「ペースト」も問題なく使える。Shiftキー+カーソルキーによる範囲指定やAltキー+Tabキーの組み合わせによるタスク切り替えも利用可能だ。



 Androidデバイス特有の「戻る」「ホーム」「タスク」ボタン、そして検索画面の呼び出しは、それぞれ「F9」「F10」「F12」、そして「F11」に割り当てられている。ホームとタスクの間に検索が“割り込んでいる”並びとなっているため、評価中、タスクを呼び出そうとして検索を呼び出してしまうことがあった。



 Androidデバイスのタスク切り替えは、タスクボタンを押した後に(※)、表示されるアプリをフリックして目当てのアプリが出てきたらそれをタップして切り替えるようになっている。その感覚でTTPK IIのF12キー(タスクボタン)を押して、カーソルキーで並んだアプリ画面を動かそうとすると、意図せず次のアプリに切り替わってしまう。



(※)OSのバージョン(またはデバイス)によっては、ホームキーまたは画面下端の中央部を上方向にスワイプするとタスク切り替え画面に遷移するものもあります(以下同)



 ここで取るべき正しい行動は、タスクボタンを“連打”することだ。F12キーを押す度にアプリ表示が動くので、目的のアプリにフォーカスが当たったらEnterキーを押せばアプリが切り替わる。ただし、Androidデバイスのタスクボタンをタップしてアプリ画面を並べた後なら、カーソルキーで表示を動かすこともできる。



 なお、Androidデバイスで使う機能の刻印は、キートップではなく、キーボード上の本体に薄く印刷されている。そのため、つい「Fnキーとの組み合わせで機能するのかな?」と思ってしまいがちだが、Fnキーと同時に押すと機能しないので注意しよう。



 Androidデバイス用の外付けキーボートの多くは、携帯しやすいように軽量薄型であることが多く、折りたたみ機構を備えているものも少なくない。そのような「専用キーボード」と比べると、TTPK IIは確かに大きくて重い。



 ただ、薄くて軽くて折りたためるキーボードの多くは、そのトレードオフ(代償)としてキーボードユニットはきゃしゃでキーピッチは狭く、キーストロークも浅い。それだけに、「タイプ作業は快適だ」とは言い切れない(もちろん、タイプしやすいキーボードも少ないながらも存在し、実際に購入して使っていたこともあるが)。



 それなりのボリュームがあるテキストをタイプしたい場合、快適にタイプできるキーボードは必須だ。そのとき、TTPK II(と有能なエディタアプリの組み合わせ)があればAndroidデバイスでも恐れることはない。



 TTPK IIを接続したAndroidデバイスでは、ThinkPad独自のポインティングデバイス「TrackPoint」も有効になる。動かすとディスプレイにマウスカーソルが表れて、ThinkPadと同様の精度でカーソルを動かせる。「画面サイズが小さいのに解像度が高くてタップ操作がしづらい」「指先が異様に乾いて(湿って)静電式タッチパネルが正常に機能しない」といった場合でも、TrackPointを使えば快適に操作できる。



●ここで再考したい「TrackPoint」のメリット



 ……と、ここまで書いてきて「そもそも、今のユーザーはTrackPointの利点を知っているのだろうか?」という疑問が出てくる。



 ThinkPadユーザーにとって、TrackPointは必須アイテムだ(単なる「デザイン的アクセント」としてだけ評価しているわけではない)。「TrackPointのないPC(≒ThinkPad以外のPC)は選択肢に入らない」という人もいるほどだ。



 一方、ThinkPadを使ったことのない人、あるいは試しに使ってみた程度の人にとって、TrackPointは「使い方がよく分からないデバイス」だったり、「ちょっと使ってみたけれど、うまく使えないデバイス」という認識を持たれているかもしれない。ThinkPadもパームレストにタッチパッドを備えて久しいことが、その証左ともいえる。



 タッチパッドやマウスと比べて、TrackPointはポインティングデバイスとして何が優れているのだろうか。ものぐさな所から説明すると、TrackPointはキーボードのホームポジションに手を置いたまま、手をほぼ動かすことなくマウス操作できることが大きなメリットだ。



 マウスは手をマウスまで動さかなければ操作できない上、マウスにおいた手を上下左右と動かさなければならない。タッチパッドなら「手をホームポジションにおいたまま、両手の親指で操作できるかな?」と思うかもしれないが、実用的な精度で使おうと思ったら、人差し指がタッチパッドに届くよう手のひらをずらさなければならない上、タッチパッドに置いた指を上下左右に動かさなければならない。どちらにしても面倒なこと、この上ない。



 「それぐらい面倒でもないし、疲れるわけがない!」という心身が健全な人でも、作業の持続性という視点で考えたとき、文章を入力している(それも気分が乗って調子よく)途中で、マウスカーソルを動かすためにマウスやタッチパッドに手を動かすというアクションを取った途端に、それまで続けていた作業のリズムが途切れてしまう。何気ないことのように思えるが、これは作業面で結構大きな影響を与える。



 ホームポジションからほぼ手を動かすことなくポインティングデバイスを使えるTrackPointなら、この「リズム」を乱すことなく作業を継続できる。



 さらに加えていうならば、TrackPointはスティックに伝えた物理的な力でマウスカーソルを操作する。そのため、常に一定した操作精度を発揮する。指先の状態によって操作精度が左右されてしまうタッチパッドと比べると、これもTrackPointのアドバンテージといえるだろう。



 膝の上や限られたスペースの卓上で使うことが多い外出時はもちろん、据え置き利用でも資料書籍、文具、そして、マグカップに食べかけのカップラーメンなどなど種々雑多な机の上での利用でも、マウスを使うためのスペースを確保せずに済むことは言うまでもない。



 以上、「TrackPointは最高なポインティングデバイスの1つじゃーん」と力を込めて説明してきたが、このTrackPointがデスクトップPCでもAndroidデバイスでも使えてしまうTTPK IIは「最高な外付けキーボードの1つじゃーん」と言ってしまってもいいだろう。



 なお、「さすがにノートPCでは使えないよね」と思うかもしれないが、キーボードレイアウトに制約のある超小型PC(UMPC)と組み合わせて、「設置スペース的に許されるなら、PC本体はテントモードにしてキーボードはTTPK IIを使う」という場面も十分あり、と思う実例があったことを最後に付け加えておきたい。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定