『金田一少年の事件簿』新作ドラマ配信へ 漫画原作者が企画・脚本でZoom活用

55

2020年05月26日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『金田一少年の事件簿Zoomドラマ STAY HOME殺人事件』の場面カット
『金田一少年の事件簿Zoomドラマ STAY HOME殺人事件』の場面カット
 人気漫画『金田一少年の事件簿』の新作ドラマ『金田一少年の事件簿 Zoomドラマ「STAY HOME殺人事件」』が、31日(前編)にYouTube、6月6日(後編)にツイキャスプレミアで配信されることがわかった。Zoomを活用したドラマで、シナリオは漫画の原作者・天樹征丸氏による新作、書き下ろしで企画・脚本を担当。金田一一と七瀬美雪は漫画(イラスト)で登場し、声はアニメ版で同役を務めた松野太紀、中川亜紀子が担当、容疑者は実写で登場するなど“漫画”と“実写”がコラボレーションしたドラマとなる。

【動画】事件が発生し金田一少年が奮闘!漫画と実写がコラボした予告映像

 Zoomを活用したドラマ「ステイホーム殺人事件」は、豪邸で発生した謎の老女殺人事件から始まり、事件に関わるとみられ、集められた容疑者たちが、Zoomの画面のひとつずつに顔を見せ、それぞれに無実を主張。そのなかにいる真犯人を、金田一少年が持ち前の天才的推理で当てていくストーリー。前後編・合計約60分となり、前編は事件のあらまし・容疑者の証言など、後編は金田一の推理で犯人を絞り込んでいく様子を描く。

 登場する俳優たちは、新型コロナウイルスの影響もあり、スタジオに集合することなくそれぞれ家から、脚本に合わせてZoom越しに演技。主役の金田一と美雪は、漫画の顔をアニメーションアプリで加工して、Zoom画面の枠のなかに登場する形でストーリーを展開する。

 制作のメインスタッフは天樹氏とその友人たち数人で、パソコンとスマートフォンを使い、制作費はほとんどなし。天樹氏は「すべてが初めてのチャレンジでしたが、大変面白い仕上がりになったと自負しております」と手ごたえを感じているという。

 今回の企画は、新型コロナウイルスの影響でテレビ番組や舞台、ライブなどのエンタメ業界が危機になっていること、視聴者も「再放送」や「レンタル」などが中心で新作を見ることができないためストレスになっていることから、「なにかできることはないか」と模索していた中で誕生したと説明。

 「このような情勢の中、大きな舞台に出ることのできない役者さんや、声優さん、舞台クリエーターのみなさんは、ご自身でさまざまな発信をされ、前向きに頑張っていらっしゃると思います。そんなみなさまへのエールとして、今回のような本格的zoomミステリードラマに取り組んでみました」とし「これからも『今だからできること』を『今だから繋がれる仲間』とともに企画・実現していき、アフターコロナの社会で新しいエンタメの世界を拓いていきたいと考えています」と語った。

 前編・問題編は、31日午後6時よりYouTubeで無料配信、後編・解決編は6月6日午後6時よりツイキャスプレミア配信でチケット事前購入制の500円。配信中に犯人がわかったら指定の方法で答えると、抽選で10人が、後編配信終了後のZOOM打ち上げ(天樹征丸、松野太紀、中川亜紀子)に参加できる。

■キャスト
声の出演 金田一一:松野太紀、美雪:中川亜紀子
出演 大倉照結、鈴木利明ほか


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 信仰の自由ですね、わかります。エル・カンターレファイト!
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 堂本剛のが観たいよー
    • イイネ!33
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(22件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定