人気落語家たちがプレミアムな“テレビ寄席” MCに山里亮太&柳家喬太郎が起用

45

2020年05月27日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真フジテレビ系『語落 -GORAKU-』でMCを務める(左から)山里亮太、柳家喬太郎
フジテレビ系『語落 -GORAKU-』でMCを務める(左から)山里亮太、柳家喬太郎
 人気落語家たちの“本気の落語”がテレビ越しで堪能できるフジテレビ系『語落 -GORAKU-』が6月5日の深夜1時30分より放送される。“お家で楽しむプレミアムなテレビ寄席”をコンセプトにいま落語界を席巻する実力派たちがシンプルかつストレートに落語を届ける。番組MCには、山里亮太(南海キャンディーズ)と落語家の柳家喬太郎が起用された。

【写真】立川談笑、三遊亭兼好ら落語家たちが豪華登場

 山里は三遊亭兼好に外弟子として弟子入りし、「三遊亭兼便」の名前で何度も高座に上がり、落語を披露している経歴を持つ。落語家とも交流があり落語愛にあふれた山里が、初めて落語を見る方にも分かりやすく落語の魅力を伝える。

 一方、喬太郎は、誰しもが認める実力と人気を誇り“いま一番観たい噺家(はなしか)”として落語界に君臨。そんな喬太郎は、落語の解説や落語家の紹介をするだけでなく、落語も一席披露する。

 今回、喬太郎のほかに落語を披露するのは林家彦いち、立川談笑、桃月庵白酒、柳家三三、三遊亭兼好、春風亭一之輔、桂宮治ら8人、いずれも実際に高座を見ようと思っても、チケットが入手困難な人気者たち。まさにこの時期だからこそ、全員の集合が実現した奇跡のメンバーだ。
 
 緊急事態宣言は解除されたものの引き続き、演劇やライブなど客入れを伴う公演などは難しいとされるなか、落語も例外なく、ほぼ全ての寄席や公演を中止し、まだまだ自粛が続くことが見込まれている。そんな今だからこそ、落語の面白さを改めて提案していく。

このニュースに関するつぶやき

  • ☆ スポンサー様は大正製薬で…(←ヲイ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 落語番組も随分と増えたが、『落語研究会』『日本の話芸』等の渋い長寿番組を除けば、大半が「短命」ですなあ。嗚呼、『笑点』があったか☆メンバーも被らないから、噺ネタより大喜利バラエティーの方が受けるよ!
    • イイネ!9
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(24件)

あなたにおすすめ

ニュース設定