在宅勤務で生産性が下がった理由 20代「テレビなど誘惑が多い」、40代「子どもの世話」

4

2020年05月28日 20:00  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

ユーグレナは5月28日、「外出自粛下における健康意識や在宅勤務・学習」に関する調査結果を発表した。調査は4月にネット上で実施し、外出自粛下で在宅勤務・学習をする22歳〜59歳の男女400人から回答を得た。

外出自粛について、合計7割が「(ストレスを)頻繁に感じる」(27%)、「時々感じる」(49%)と回答した。理由については、「自由に外へ出られない息苦しさ」「人と会えないため」という声が多かった。

「自宅のデスクは使いにくい」「Wi-Fiがとぎれる」


在宅勤務・学習においては、6割以上が「疲れを感じている」(63%)と回答。性年代別にみると、20代女性(72%)が最も多く、30代男性(54%)を大きく上回った。

さらに、約4割が「生産性が低下した」(36%)と回答。年代別にみると、40代(44%)は20代(26%)を18ポイント上回った。具体的な理由を聞くと、「自宅のデスクは使いにくい」「Wi-Fiがとぎれる」といった声が多かった。中でも、40代から、

「家族から話しかけられる、家事の手伝いの依頼がある」
「子どもの世話」

などの声が目立った。一方、20代では「テレビなどの誘惑が多い」「(家の中に)娯楽が多いから」といった意見が多かった。

このニュースに関するつぶやき

  • 【生産性が低下した】のではなく【生産性を低下させた】の間違いでは?自ら低下させておいて他が悪いかのように騒ぐ頭の悪い人がいるせいで本来良いものも定着しない。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 勤務先はテレワークで生産性落ちても時間に対して同じ給料払うの納得していないらしく、6月から出勤求めるとか。え〜!
    • イイネ!10
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定