フレディ・マーキュリー、アニメ『GREAT PRETENDER』主題歌に起用 日本のTVアニメで初

5

2020年05月29日 18:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真オリジナルアニメ『GREAT PRETENDER』のキービジュアル (C)WIT STUDIO/Great Pretenders
オリジナルアニメ『GREAT PRETENDER』のキービジュアル (C)WIT STUDIO/Great Pretenders
 Netflixで独占先行配信(6月2日〜)、フジテレビ「+Ultra」枠で放送(7月8日〜)されるテレビアニメ『GREAT PRETENDER』の主題歌が、クイーンのフレディ・マーキュリーが歌う「The Great Pretender」に決定した。フレディが日本のTVアニメ主題歌に起用されるのは今回が初。

【動画】フレディの歌声がアニメ映像とともに…公開されたPV

 同作は、世界を股にかけた壮大な“コン・ゲーム”を描く物語。自称“日本一の天才詐欺師”こと枝村真人(エダマメ)が、マフィアさえ手玉に取るコンフィデンスマンのローラン・ティエリーに騙されたことをきっかけに、世界を舞台に桁違いの“コン・ゲーム”に巻き込まれていく…最高のクライム・エンタテインメント。

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットも記憶に新しい、クイーンのフロントマン、フレディがカバーした名曲「The Great Pretender」。タイトルとの共通性だけではなく、大した役者だと自身の心を偽って歌う心象風景をテーマにした世界観が、詐欺師(コンフィデンスマン)をテーマにした本作の物語にも寄り添っている。

 また、主題歌の解禁に伴い、楽曲とともに贈るスペシャルPVも公開に。「The Great Pretender」の繊細な歌詞や楽曲の美しさと、エダマメ、ローラン、アビー、ポーラの4人のキャラクターが織りなすドラマティックな物語が融合。世界各国を舞台にした壮大な景色や、キャラクターそれぞれの新たな表情が垣間見える最新映像となっている。

 アニメは『鬼灯の冷徹』『91Days』などで知られる鏑木ひろ氏が監督を務め、『ALWAYS 三丁目の夕日』『コンフィデンスマンJP』などのヒット作を手掛ける脚本家・古沢良太氏がテレビアニメシリーズの脚本・シリーズ構成に初挑戦。さらに『新世紀エヴァンゲリオン』『サマーウォーズ』の貞本義行氏がキャラクターデザイン、『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』などハイクオリティな映像で話題作を続々手掛けるWIT STUDIOがアニメーション制作するオリジナルアニメ。

■キャスト情報
枝村真人(エダマメ):小林千晃
ローラン・ティエリー:諏訪部順一
アビゲイル・ジョーンズ(アビー):藤原夏海
ポーラ・ディキンス:園崎未恵


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 本家プラターズが採用されるなら驚きですが、フレディは日本人的には洋楽の中ではありふれたといいますか。オーーンンリーーーユーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(プラターズといえばこれ
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ♪マーキュリー アフリカ生まれ マーキュリー 育ちはインド ♪古い物を壊し得て 世界中をロックにする ♪マーキュリー バンドはクイーン マーキュリー最期はエイズ ♪風のように この世去って (続く)
    • イイネ!27
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定