LINE Payで東京都の固定資産税や自動車税などが納付可能に

4

2020年05月29日 20:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 LINE傘下のLINE Payは5月29日、モバイル決済サービス「LINE Pay」の「請求書払い」機能で、6月1日から東京都税の納付に対応すると発表した。



【その他の画像】



 東京都の固定資産税や都市計画税、不動産取得税、個人事業税、自動車税(種別割)などの請求書に記載されたバーコードをスマートフォンで読み取ると、LINE Payで支払える。ただし、納付書1枚当たりの合計金額が30万円までのものに限る。



 プリペイド残高からの支払いの他、同社が4月から発行を始めた「Visa LINE Payクレジットカード」を支払い方法に設定するとクレジットでの後払いもできる。この方法で支払うと、ユーザーの使用状況(マイランク)に応じて1〜3%分のLINEポイントが還元される。



 LINE Payの請求書払い機能は、公共料金や通信販売などの請求書上に印字されたバーコードをスマートフォンで読み込むことで支払いを行えるサービス。4月末時点で約360の自治体や約1350の団体が対応しているという。


このニュースに関するつぶやき

  • 何でLINEを使うの?東京都はそんなに個人情報を韓国に渡して良いと思っているのか。というか、何が問題なのかを知らないのではないのか?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 20年前「クレジットで払えます」→10年前?「コンビニでも払えます」→「キャッシュレスいかがですか?」←今ココ https://mixi.at/a8xKJeh
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定