インスタフォロワー14万人超 ariko 最新レシピ本『arikoの、今晩なに作る? ありこんだて』

0

2020年05月29日 20:11  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 月刊誌『HERS』で2年間にわたって連載していた、インスタグラマー・arikoのレシピ企画をまとめた書籍『arikoの、今晩なに作る? ありこんだて』が、5月28日に光文社より発売された。


 今日は「○○風!」とテーマを決めて、“楽しく”乗り切るariko流献立が、和洋中エスニック全106品紹介されている。献立1セットをまるっと真似するのも、あと一品が足りない……というときのお助けレシピとしても使用できる。


■献立例
「居酒屋風ごはん」
豚ロースの巻き串焼き/鯵のたたき梅干しダレ/里芋のみたらし/柿と春菊のサラダ/クリームチーズ奴


「お箸で食べる洋食」
煮込みハンバーグ/サーモンとグレープフルーツのマリネサラダ/古漬けきゅうりとたくあんの箸休め(かくや)/レンコンのきんぴら


「新米を味わう定食屋風ごはん」
厚揚げのピリ辛ガーリックバターソース/なすとピーマンの鍋しぎ/いんげんの生姜和え/梅干し入り秋刀魚ごはん


「町の中華屋風セット」
油淋鶏/トマトと卵の炒めもの/ブロッコリーとアスパラガスの中華風おひたし/焼売/ザーサイのスープ


「はじめに」より

毎日の食卓を預かる立場の身として、晩ごはんの献立を考えるのは楽しみでもあるし、悩みの種でもあります。四季折々の旬の素材も盛り込みたいし、家族の好物も出してあげたい。もちろん、その日の気候のことも考えて……。毎日のことだから、疲れたときには手抜きもしたい。
「今晩、なに作る?」と銘打って、月刊誌『HERS』で二年間、献立提案する料理ページの連載をさせていただきました。長年作ってきたレシピを中心に、相性のいい組み合わせを考えるのは、改めて自分のレシピを見直すいい機会になりました。(中略)
今日は「○○○」風にしよう! とテーマを決めると、主菜、そして副菜と、スムーズに決められるような気がします。自己流のなんちゃってメニューも多少ありますが、少しでも晩ごはんの献立を考えるのが楽しくなるお手伝いになれば幸いです。


■著者ariko紹介
『CLASSY.』『VERY』『HERS』(いずれも光文社)など、ファッション誌の表紙などを担当するエディター、ライター。インスタグラムに投稿する、センス溢れる料理の写真や食いしん坊記録で話題に。さまざまな料理教室に通い、その復習は欠かさない。美味しいものを食べに行ったら、おうちで再現してみるのが日課。インスタグラムのフォロワーは14万人超え。近著に『arikoの食卓〜小腹がすいたら〜』(ワニブックス)、『arikoのパン』(主婦の友社)がある。Instagram @ariko418


■書籍情報
『ariko の、今晩なに作る? ありこんだて』
著者:ariko
発売:光文社
発売日:2020年5月28日
定価:本体1,350円+税


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定