フレディ・マーキュリー、日本TVアニメの主題歌に初起用! 世界観がマッチした「GREAT PRETENDER」PV公開

1

2020年05月29日 20:22  アニメ!アニメ!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『GREAT PRETENDER』PVカット(C)WIT STUDIO/Great Pretenders
『GREAT PRETENDER』PVカット(C)WIT STUDIO/Great Pretenders
オリジナルアニメ『GREAT PRETENDER(グレートプリテンダー)』の主題歌がフレディ・マーキュリーの「The Great Pretender」に決定し、楽曲の世界観とマッチしたスペシャルPVが公開された。フレディ・マーキュリーの楽曲が日本のTVアニメに起用されたのは今回が初めてのことである。


『GREAT PRETENDER』は、『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクターデザイン・貞本義行、『91Days』の監督・鏑木ひろ、『進撃の巨人』のアニメーション制作・WIT STUDIOに加え、ドラマ『コンフィデンスマンJP』の脚本家・古沢良太が初めてTVアニメシリーズの脚本・シリーズ構成を務めるクライム・エンターテインメントだ。



フレディ・マーキュリーといえば、大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』でも描かれたイギリスのロックバンド・クイーンのボーカリスト。
彼がカバーした「The Great Pretender」が、『GREAT PRETENDER』とタイトルの共通性だけではなく、自身の心を偽って歌う心象風景をテーマにした世界観も、詐欺師(コンフィデンスマン)をテーマにした本作の物語に寄り添う。



今回公開されたスペシャルPVでは、「The Great Pretender」の繊細な歌詞や楽曲の美しさと、エダマメ、ローラン、アビー、ポーラら4人が織りなすドラマティックな物語が融合。世界各国を舞台にした壮大な景色や、キャラクターそれぞれの新たな表情が垣間見える映像に仕上がった。


オリジナルアニメ『GREAT PRETENDER』は、2020年7月8日よりフジテレビ「+Ultra」ほか、各局にて放送。また、6月2日よりNetflixにて順次独占先行配信開始。

<STAFF>
監督:鏑木ひろ
脚本・シリーズ構成:古沢良太
キャラクターデザイン:貞本義行
サブキャラクターデザイン・総作画監督:加藤寛崇
総作画監督:浅野恭司
デザインワークス:奥田明世 清水慶太 石橋翔祐
コンセプトデザイン:丹地陽子
副監督:益山亮司
美術監督:竹田悠介
美術設定:藤井一志
色彩設計:小針裕子
撮影監督:出水田和人
編集:今井大介
音楽:やまだ豊
音響監督:はたしょう二
ミュージックエディター:千田耕平
アニメーション制作:WIT STUDIO

<CAST>
枝村真人(エダマメ):小林千晃
ローラン・ティエリー:諏訪部順一
アビゲイル・ジョーンズ(アビー):藤原夏海
ポーラ・ディキンス:園崎未恵

●オープニング・テーマ楽曲:「G.P.」/作曲 やまだ豊
●主題歌:「The Great Pretender」/Performed by Freddie Mercury 
Words & Music by Buck Ram
(C)WIT STUDIO/Great Pretenders

    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定