まるでゲームのよう?…ザルツブルク、ソーシャルディスタンス遵守の優勝セレモニーが話題に

0

2020年05月30日 12:44  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真奥川所属のザルツブルクがカップ戦優勝を果たした(写真は昨年9月) [写真]=Getty Images
奥川所属のザルツブルクがカップ戦優勝を果たした(写真は昨年9月) [写真]=Getty Images
 MF奥川雅也が所属するザルツブルクは、29日に行われたオーストリア・カップ決勝でオーストリア・ルステナウに5−0の大勝を収め、2年連続7度目の優勝を果たした。サポーターが優勝を祝う様子や優勝セレモニーの様子が、SNSで話題となっている。

 決勝は例年通り、『ヴェルターゼー・シュタディオン』での開催となったが、新型コロナウイルス感染拡大を懸念し、試合は無観客のなか行われた。しかし、屋外で車に乗りながら映画を楽しめる「ドライブインシアター」でも試合は中継され、多くのザルツブルクのサポーターがそこに集結。車に乗り、“ソーシャルディスタンス”を守りながら、観戦を楽しんだ。さらに集まったサポーターは試合後、車のクラクションを一斉に鳴らす、というユニークな方法で愛するクラブの優勝を祝った。

Fans watched today's Austrian Cup final between RB Salzburg and SC Austria Lustenau from their cars at a drive-in viewing.

RB Salzburg won 5-0 📸 pic.twitter.com/6NCqbf4Xvb— B/R Football (@brfootball) May 29, 2020

 一方で優勝セレモニーも見慣れない光景に。セレモニーのシートには一定間隔を空けた円が描かれ、選手たちはその上をジャンプしたり踊りながら優勝を祝ったが、このシュールな光景にTwitter上の反応は様々だ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のジュゼッペ・パストーレ記者は、「(『籠の中の乙女』などの)ヨルゴス・ランティモス監督の映画と水中コレオグラフィーの中間」と形容。また、とあるリーベル・プレートのサポーターは、「『ウイニングイレブン2002』のセレブレーションのようだ」とコメントを残している。

🇦🇹🏆 Jesse Marsch has his first silverware in Austria, as RB Salzburg take a 5-0 win over SC Austria Lustenau in the Austrian Cup final! pic.twitter.com/lb9yIEXAtP— beIN SPORTS USA (@beINSPORTSUSA) May 29, 2020

    あなたにおすすめ

    ニュース設定