2戦連発の鎌田大地、ブンデス公式のMOMに選出…“アウェイ1000点目”でクラブ史に名を刻む

8

2020年05月31日 05:14  サッカーキング

  • 限定公開( 8 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ヴォルフスブルク戦でゴールを決めた鎌田大地 [写真]=Getty Images
ヴォルフスブルク戦でゴールを決めた鎌田大地 [写真]=Getty Images
 フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が、30日に行われたブンデスリーガ第29節のヴォルフスブルク戦で2試合連続ゴールを決めて7試合ぶりの勝利に貢献した。

 先発出場した鎌田は1−1の85分にペナルティエリア左へ走り込むと、オランダ代表FWバス・ドストの落としをダイレクトで流し込んで決勝点を挙げた。前節のフライブルク戦で決めたブンデスリーガ初得点に続く2試合連続ゴールで、チームを2−1の勝利に導いた。

 なお、ブンデスリーガ公式サイトの英語版によると、鎌田のゴールはフランクフルトにとってブンデスリーガでのアウェイゴール1000点目だったようで、クラブの歴史に名を残す一発となった。

 また、ブンデスリーガ公式サイトのドイツ語版は、鎌田をマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出。「過去24試合では決められなかったが、ブンデスリーガで2試合連続の得点。アドルフ・ヒュッター監督率いるチームに7試合ぶりの勝利をもたらした」と記した。

 ドイツ紙『ビルト』は試合の採点で、鎌田にチーム最高タイの「2」(最高点1、最低点6)をつける高評価。その他、先制点を決めたポルトガル代表FWアンドレ・シルヴァや好セーブを連発したドイツ代表GKケヴィン・トラップなどが「2」で、3バックの中央でフル出場した元日本代表MF長谷部誠は「3」がつけられている。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定