娘とはかけがえのない時間、でも……「嫌々、父親やっている」 妻の親と同居、育児にやり場のない苦しさ

144

2020年05月31日 07:10  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真娘(右)との時間はかけがえないものだと理解しつつも、息苦しさを感じることがあると語った男性=本人提供
娘(右)との時間はかけがえないものだと理解しつつも、息苦しさを感じることがあると語った男性=本人提供

【#父親のモヤモヤ】
子育てに、喜びを感じることもあれば、苦痛を感じることもあるでしょう。首都圏に住む40代の会社員男性は、娘との時間を大切にする一方、子育てにやり場のない息苦しさを感じ「嫌々、父親をやっている」と話します。どういうことでしょうか。本音を聞きました。(朝日新聞記者・高橋健次郎)

【マンガ】「パパはッ、圧倒的に役に立たない」赤ちゃん目線で描く「イクメン」 その真意は…ラストに共感

同居は「肩身が狭い」
男性は、専業主婦の妻、長女(5)に加え、妻の両親と同居しています。結婚後、しばらくして同居が始まりました。「肩身が狭いです。お風呂に入る時間も決められません」

ただ、子育ての面では、特に専業主婦の妻にとって、大きな助けとなっているのも事実です。義母は、家事でも、子どもの遊び相手としても大きな「戦力」です。「長女は義母によくなついています。同居をやめることには、妻も反対しています」。気持ちがふさぎがちな状況が続きます。

のしかかった「要望」と「制限」
男性はWEB制作会社に勤めています。新型コロナウイルスの感染拡大によっていったんは在宅勤務となりましたが、通常は午後8時ごろに帰宅。子どもとのお風呂や寝かしつけ、朝の洗濯を担当しています。土日のいずれかは、朝から夕食まで子どもの面倒をみています。

「子育ては待ったなし。家事だって必要です。自分がやらなきゃいけないことは分かっています。同世代と話していても、家庭に目が向いている方だと感じています」

ただ、妻の「要望」に戸惑っています。

「休日、子どもと2人で遊びに出かけた際、外食することがあります。そうした時も、ファミレスで済ませたと分かると嫌な顔をされます。コロナの前からですが、人混みに行かせてはいけないと言われています」と男性は話します。「結局、子どもを連れ出す時は、すべてお伺いを立てることになります」。娘を連れて入ったカフェでビールを飲むことが、ささやかな抵抗です。

これに、子育てによる「制限」が息苦しさに追い打ちをかけたと男性は話します。

男性の趣味の一つは、月1回の海釣りでした。「1人で時間を忘れることができる。リフレッシュの時間でした」。それでも、子どもが生まれてからは「自粛」しています。月1回の飲み会、映画館での鑑賞など、平均すれば週1回程度の息抜きの時間がなくなったそうです。「妻も、自由な時間がないという点では同じです。仕方がないことだとは分かっています」。男性は、そう言いました。

娘との時間はかけがえないが
「周囲に『イクメン』だと言われることもあります。でも、正直なところ、嫌々、父親をやっています」

子どもが公園の遊具で遊び、自転車に乗る姿を見守る。そんな娘との時間はかけがえのないものだとは理解しています。それでも、心の中で物足りなさも感じてしまいます。「『子どもと遊ぶのが楽しくない』という思いもあります。でも、心に秘めてきました。この気持ちは少数派だと思うからです」

友人には家庭をかえりみない人もいます。「いっそ、それくらい吹っ切れたらラクかもしれません。でも、それもまた自己嫌悪に陥ってしまうでしょうね」

男性は気持ちの晴れない日々を過ごしています。

父親のリアルな声、お寄せください
記事に関する感想をお寄せください。また、「育休」の反省や失敗談も募ります。「仕事ばかりだった」「パートナーと衝突した」といったモヤモヤや体験を募ります。育休を取得した父親の3人に1人は、1日の家事・育児時間が「2時間以下」――。育児相談アプリを運営する会社がこんなデータをまとめ、「とるだけ育休」と名付けました。「#父親のモヤモヤ」企画班では、あらためて「育休」に注目しています。家庭での育児負担について、みなさんはどう向き合っていますか?

いずれも連絡先を明記のうえ、メール(seikatsu@asahi.com)で、朝日新聞文化くらし報道部「父親のモヤモヤ」係へお寄せください。
    ◇

【#父親のモヤモヤ】仕事と家庭とのバランスに葛藤を抱え、子育ての主体と見られず疎外感を覚える――。共働き世帯が増え、家事や育児を分かち合うようになり、「父親」もまた、このようにモヤモヤすることがあります。

一方、「ワンオペ育児」に「上から目線」と、家事や育児の大部分を担い、パートナーとのやりとりに不快感を覚えるのは、多くの場合「母親」です。父親のモヤモヤにぴんとこず、いら立つ人もいるでしょう。「父親がモヤモヤ?」と。

父親のモヤモヤは、多くの母親がこれまで直面した困難の追体験かもしれません。あるいは、父親に特有の事情があるかもしれません。いずれにしても、モヤモヤの裏には、往々にして、性別役割や働き方などの問題がひそんでいます。

それらを語り、変えようとすることは、誰にとっても?きやすい社会づくりにつながるはずです。語ることに躊躇しながら、でも、#父親のモヤモヤについて考えていきたいと思います。

このニュースに関するつぶやき

  • 私は旦那の義理親と暮らし始めた。超過干渉で食事まで口出ししてきた。あまりにもうるさいので私が大人しくするように持っていった。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 逆で奥様が旦那両親と同居だともっとしんどいんよ?
    • イイネ!199
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(104件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定