星野源 『うちで踊ろう』バンドバージョン、YouTubeでも公開

2

2020年05月31日 22:10  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

新型コロナウイルスによる外出自粛期間中に楽曲『うちで踊ろう』を発表した星野源。


その想いに共感した多くの人々が演奏やダンス、さらにはアニメーションなど様々なスタイルでコラボレーション参加し、社会現象と呼ぶべき反響を呼んだ。今なおそのムーブメントが広がり続ける中、『うちで踊ろう(Potluck Mix)』が星野源のInstagramにて先日(5/29)公開された。


今回公開されたPotluck Mixは、星野のライブバンドメンバーの河村“カースケ”智康(Dr)、ハマ・オカモト(B / OKAMOTO'S)、武嶋聡(Flute, Clarinet)が投稿した「うちで踊ろう」の動画から当該パートの音源だけを抜き出し、新たに長岡亮介(G・Cho/ペトロールズ)、石橋英子(Cho)、櫻田泰啓(key)が参加、さらには星野自身もヴォーカルを再録し、その音源をエンジニア・渡辺省二郎がミックスしたもの。リモートで制作された、まさに“星野源バンド”によるバージョンとなっている。


Instagramでの公開による大きな反響が覚めやらぬ中、本日からはYouTubeにてAudio動画が公開、さらには『うちで踊ろう』同様に特設ホームページで『うちで踊ろう(Potluck Mix)』の無料ダウンロードもスタートした。


『うちで踊ろう』はもちろん、マーク・ロンソンのプロジェクト「Love Lockdown : Video Mixtape」への参加や、Apple MusicのラジオステーションBeats1の企画「At Home With Apple Music」において日本人初となるDJ ゼイン・ロウによるインタビューが公開、そして5月25日には冠音楽番組である『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』(NHK総合)がオンエアされ、大きな話題となるなど、外出自粛期間中も多くの音楽ファンに楽しみを提供してきた星野源。


まだまだ困難な状況が続く中ではあるが、様々な形で発信を続ける星野源に注目しよう。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定