西武の8年目・水口大地「勝負できる」 新たな感覚を武器に開幕一軍サバイバルに挑む

2

2020年06月01日 12:20  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真西武・水口大地 [写真提供=埼玉西武ライオンズ]
西武・水口大地 [写真提供=埼玉西武ライオンズ]
◆ 逆境から這い上がり続けた男

 月が変わって6月。2日からは開幕へ向けた対外試合もはじまり、各選手の調整のピッチも徐々に上がっていく。


 開幕一軍入りへのサバイバルも激しくなっていく中、西武では163センチの小兵が勝負の時期を前に猛烈なアピールを見せている。プロ8年目・水口大地だ。

 大村工高から四国・九州アイランドリーグの長崎セインツに入団するも、チームが経営難のために解散。そこから四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズへと移籍を果たすも、ケガのために一時は選手契約を解除され、“練習生”という扱いで裏方の仕事を手伝いながら、ケガを癒した後にレギュラーとして大活躍。2012年の育成ドラフト1位で西武から指名を受け、ようやくプロへの扉をこじ開けたという苦労人である。


 俊敏な動きで内野ならどこでもこなし、プロ3年目の2015年にはファームで月間打率.414という好成績を残してイースタン・リーグの月間MVPを受賞。その月、晴れて支配下登録も勝ち取る。

 2016年は開幕を一軍で迎え、2017年はキャリア最多の56試合に出場。一軍での出番も増やしていったが、ここ2年はファーム暮らしが長くなり、一軍に定着までは至っていない。


 今春も、オープン戦で5試合に出場しながら打席は3回のみ。なかなかアピールをすることができなかったが、調整の難しい自粛期間中に「走攻守すべてレベルアップ!」を掲げて奮闘。電話でトレーナーにアドバイスをもらいながら、自ら考えたメニューでウエイトに注力してきた。

 すると、その効果はさっそく現れる。5月29日に行われた紅白戦で3打数2安打、1盗塁の大暴れ。オープン戦でのうっぷんを晴らすような躍動を見せた。

 特に手ごたえを感じた打席と振り返るのが、リード・ギャレットと対峙した第2打席。新助っ人の150キロを超える速球になんとか食らいついて粘り、最後はその速球をライナーでレフトの前に弾き返す。

 「いつもだったらファウルになっていたと思います。阿部コーチ、赤田コーチに指導いただき、『強く打ち返す』ということを意識してやってきた。いい感覚だと思います」

 水口は充実した表情で語った。


 内野ならどこでも守れ、緊急時には外野のポジションに入ったこともあった。ユーティリティー性という大きな強みを持っているだけに、あとは“打撃でのひと押し”ができるかどうか。これが開幕一軍入りのポイントになってくる。

 「まだ数日だけど、今までにない感覚。勝負できると思います」

 開幕一軍をかけたサバイバルレースを前に、静かに闘志を燃やす背番号0。2日からはじまる練習試合ではどんな姿を見せてくれるのか、今から楽しみだ。

このニュースに関するつぶやき

  • 近鉄,オリックスにいた水口くらいの活躍を期待したい.
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定