須田亜香里、麻雀映画で初主演 Mリーガー・萩原聖人と共演

2

2020年06月01日 15:02  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『打姫オバカミーコ』で映画初主演を飾る須田亜香里(C)AbemaTV,Inc.
『打姫オバカミーコ』で映画初主演を飾る須田亜香里(C)AbemaTV,Inc.
 アイドルグループ・SKE48の須田亜香里が、映画『打姫オバカミーコ』で初主演を飾ることが1日、発表された。俳優で現役Mリーガーの萩原聖人も出演する。

【写真】Mリーガー・萩原聖人と共演

 同映画は、麻雀漫画専門誌『近代麻雀』で連載された同名漫画を実写化。素直で明るい駆け出しの女流プロ雀士・丘葉未唯子(須田)が、プロ競技麻雀の世界を諦めた元王者・波溜(荻原)との出会いをきっかけに、女流リーグの頂点を目指す物語。二人三脚で麻雀界の頂点を目指す中で挫折や葛藤を経験しながらも、成長、そして恋に落ちていくさまを描く。

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の魅力を伝える番組『熱闘!Mリーグ』でMCを務めている須田は、今回のオファーに「すごくうれしかったです。熱闘MリーグのアシスタントMCに就任したことがきっかけで麻雀をゼロから学び始めた私が、まさか麻雀の作品に主演で携わるとは、想像できなかったことで、人生何があるか分からないなと思いました」と感激しきり。

 続けて「監督に『私可愛くないんですけど、私が主演で作品は成り立ちますか?』と真剣に相談したところ、『可愛く撮るから大丈夫』と言っていただいたので信じて全力で挑ませていただきました(笑)」と裏話を明かしつつ「師匠との出会いや時間を経て、ミーコの牌の切り方を少しずつ変えているところや、ラストの方では緊張して挑んだ胸キュンシーン(?)に注目してほしいです」とアピールした。

 共演の荻原は、意外にも「本格的な麻雀作品は初めて」という。「波溜晴は、自分に近い部分もあると感じていたので、素直に作品と向き合っていく事ができました」と撮影時を振り返ると「元々ミーコは、須田さんが良いのではないかと思っていたところもありましたし、須田さんにピッタリの役だったので僕自身も自然と愛情を持つ事ができました」と共演話に花を咲かせていた。

 また、『ABEMA(アベマ)』にて、本作の劇場上映と、映画にはないオリジナルストーリーも含めた特別版を、ABEMAプレミアム会員向けに独占先行配信することが決定した。

このニュースに関するつぶやき

  • 麻雀映画でこんなクソブスはダメ。「私の身体を賭ける」と言われても「いらねーよ」と笑われる。有村架純レベルを起用すべき。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定