ポンプ式消毒液の悩み、ドラムメーカーが乗り出す これぞ「音楽の力」苦境のライブ業界「お役に立ちたい」

2

2020年06月02日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真パールが販売する「消毒液」スタンドは、ドラムの「ハイハット」(写真右奥、2枚のシンバルを足元のペダルで開閉させる)を応用している=パール楽器製造提供
パールが販売する「消毒液」スタンドは、ドラムの「ハイハット」(写真右奥、2枚のシンバルを足元のペダルで開閉させる)を応用している=パール楽器製造提供

 新型コロナウイルスの感染防止のため、店頭など街のあちこちでポンプ式の消毒液が置かれています。しかし、容器のノズルに直接触れることに抵抗がある人も多いのではないでしょうか。そんな中、ドラムメーカー大手のパール楽器製造(パール)が、ドラムセットのスタンドをアレンジした「消毒液スタンド」の発売を発表。ペダルを足で踏んで消毒液を射出する仕組みに、「踏んでみたい」と反響が集まっています。(朝日新聞デジタル編集部・野口みな子)

【画像】パールが発売する「消毒液スタンド」はこちら ドラムの「ハイハット」の応用に「天才か」反響

ドラムメーカーが消毒液スタンド「音楽の力」
 世界の名だたるアーティストたちが愛用している「パール」のドラム。70年以上の歴史あるドラムメーカーが発売を発表した「新商品」に驚きの声が上がっています。

 それは、2枚のシンバルとペダルが組み合わさったドラムセットのひとつ「ハイハット」のスタンドと、スティックなどを置く「テーブル」を合体させた「消毒液スタンド」です。踏み込むことで2枚のシンバルが開閉するペダルの仕組みを使って、ノズルに触れることなく消毒液を射出することができます。

 これまで一般の方がハイハットで自作したスタンドがSNSなどで話題になっていましたが、「公式」が動いたことにツイッターでは大絶賛。「音楽の力」「天才かよ」「いっぱい踏んじゃいそう」などの声が上がっています。

 どのようにしてこの商品が生まれたのか、パールの担当者に聞きました。

厳しい音楽業界「何かお役に立てられれば」
 「緊急事態宣言が解除され、経済活動が再開していく中で、感染防止のために社会に貢献できることはないかと考えました」と話すのは、パールの企画課の担当者です。

 でも、どうしてドラムメーカーが「消毒液スタンド」を? 異例の商品化が実現した背景には、音楽業界を取り巻く厳しい状況がありました。

 「新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちがお付き合いのあるアーティストの方もライブ活動ができなくなり、ライブハウスも厳しい意見にさらされるなど、音楽業界全体が苦しい立場にあります」

 プロのアーティストだけではなく、中高生などが参加する吹奏楽コンクールも中止が決定。その影響は街の楽器店にも伝わっています。各所の苦しい声を聞く中で、「何かお役に立てられれば」という思いを強くしたといいます。

 SNSなどで一般の方が自作した消毒液スタンドが注目されていることについては、「社内でも話題になっていた」という担当者。「我々が0から生み出したアイディアではないのですが、社としてご提案することによって、消毒や二次感染を予防する意識を高めることができたらという思いがありました」

数々のアーティストが使ってきた信頼性と耐久性
 ハイハットをアレンジした「消毒液スタンド」は、ドライバーなどの工具が不要で、楽器になじみがない人でも組み立てやすくなっています。また三脚タイプのため、折りたたんで持ち運ぶことができ、さまざまなシーンで利用できるのではという期待も込められています。

 その上、これまで数々のアーティストが演奏で使用してきた信頼性と耐久性。消毒液のために作った製品ではありませんが、「長年踏んでいるものですので」という自信もあります。ドラムに触れたことがない人にとっても、楽器という夢のある商品に出会う機会にもなるはずです。

 税抜1万5千円という値段を高く感じる人もいるかと思いますが、そもそもはメーカーの技術が注がれた楽器を応用した商品。担当者は「この商品を購入していただければありがたいですが、自作やアレンジでもいいですし、感染防止のための意識が広がることが大切だと思っています」。

収束の先に「ライブ活動の再開」願う
 好意的な反響が集まっていることについて、「どう思われるかという不安はずっとあったので、本当にありがたい」という担当者。既にコンサートホールや病院などからも問い合わせが入っているそう。

 中には、右足でペダルを踏んでいるイメージ写真に「ハイハットだから左足で踏むのでは」という反応まであったそうで、「細かいところまで見ていただいているなと感じます。もちろん、利き足で踏んでいただいて大丈夫です」。

 事態の収束を願う先にあるのは、「ライブ活動の再開」です。早く安心して音楽が楽しめるようになるために、できることをする。本来のフィールドを越え、ひとつの形を示したパールに、多くの人が心を動かされています。

 パールの「消毒液スタンド」は数量限定で7月発売予定。発売日はパールのHPやSNSなどで発表される情報をご確認ください。パール製品取扱いの楽器販売店で予約や購入が可能です。

このニュースに関するつぶやき

  • (空気を送りすぎないように木枠などで戻り高さ制限した浮き輪やビニールプール用の)数百円の足踏み空気ポンプを消毒液の容器に接続(+接着)すれば?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定