抱き枕は妊婦に絶対必要?出産後まで長く使えるタイプも

0

2020年06月02日 10:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


お腹がどんどん大きくなってくる、妊娠後期。かなりの圧迫感があるため、妊娠前のように仰向けの体勢では寝られないこともありそうです。そんなときの便利グッズとして知られるのが、抱き枕。横向き寝の体勢をしっかり支えてくれるアイテムですが、実際の使用感はいかに?

現在妊娠5ヶ月というプレママからの疑問が、ママスタBBSにアップされました。

購入したママは約7割。圧倒的だった「買ってよかった」の声


『妊娠中に、抱き枕って買った? ダンナが「買ったほうがよいよ」って、すごくしつこく言ってくる。今は横になってクッションを抱きながら寝ているんだけど』
という妊婦さんからの質問。集まったコメントは、トピック全体のおよそ7割が「買った」、さらにそのほとんどが「買ってよかった!」でした。
『買った! 妊娠後期なんて、ないと眠れなかったよ!』
『買ったよ。お腹の重さで仰向けじゃ寝れなくなるから、枕に抱きついて足をからめて寝ていた。それでも後期になると寝れなかったけど。今はただの枕になっている』
『ちょうど懸賞で当たって、重宝した。楽ちんだった』
「買わなかった」という約3割の先輩ママは、代用品を使っていたようです。
『買っていないし、ほしいとも思わなかった。抱き枕も授乳クッションも、ふつうのクッションや枕、布団とかすでにあるもので十分ことたりたわ』
『買わなかった。臨月でも仰向けで寝れたし、クッションもまったく必要なかった。個人差があるから、必要になったときに買うのでもよいんじゃない?』
『抱き枕ほしかったけど、買ってない。お腹が張ったら子どもの人形をひとつ借りて、ちょうどよいサイズのやつを足のあいだに挟んでいたよ』
あればあったでよいようですが、使う期間限定のものなので代用品でも問題ないのかもしれません。

お腹の成長にも個人差が。購入は必要に応じて考えよう


投稿者さんは現在妊娠5ヶ月、ならば目に見えてお腹が大きくなってくるのはこれからでは? そのときになってから改めて考えてみてもよさそうです。
『私の話になってしまうけど、長い抱き枕を横向きに抱いて、顔も足も乗せて寝るのがすごくラクだったよ。ふつうのクッションじゃ、眠れなかった。ふつうのクッションのほうが節約できると思って購入するくらいなら、今はなにも買わないほうがよいかも。妊娠後期になってお腹がきつくなってきたら、長い抱き枕を買ったほうがよい! 長い枕が断然おすすめ』
妊娠中はもちろんですが、ものによってはそれ以降も長く使えることがあるよう。
『けっこうラクだったよ。ビーズが入っているから形も自在に変えられるし。今も愛用してるよ』
『買った! そのとき出産した子は今8歳になったけど、今でもずっと使ってる』
なかには形を変えて、赤ちゃんの授乳用のクッションにできるものもあるとか。
『買ったほうがよい! 産まれたあとは授乳クッションにもなるし、そこに赤ちゃんを寝かせていたよ。今はまだいらないかもしれないけど、お腹が大きくなったら本当にラクだよ』
『丸くできるタイプのやつを買った。お腹が大きくなってからは横向きに寝て、足のあいだに挟んで寝るとラクだった。産後も授乳するときにひじの下に挟んだり、丸くして赤ちゃん乗せたりで便利だったよ。ただ絶対に必要なわけではないから、ほしいと思ってからでよいと思う』
『母にとっては抱き枕、赤ちゃんには授乳枕にできる2ウェイタイプがある。ラクだったよ。今はダンナの痔座布団になってるけど』
なんと、3ウェイになっているご家庭もありました! 購入した値段以上の価値があったかもしれませんね。

マタニティ用グッズに加え、生まれてくる赤ちゃんのためのあれこれと、妊娠中はなにかと物入りの時期。その後は不要になりそうなものは、できることなら購入せずにおくのが賢明かも。ただ一方で寝るのも大変なつらい時期だからこそ、少しでも快適に過ごしたいという考え方もあります。本格的にお腹が大きくなる時期まで、あと少し。ママたちの意見を参考に、購入するかどうかをじっくり検討してみてください。

文・鈴木麻子 編集・しらたまよ

■ママスタセレクトで読む

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定