「フィリップス ヒアリンク」補聴器のスタンダードモデルが国内で発売

0

2020年06月02日 11:12  BCN+R

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BCN+R

写真フィリップス補聴器のスタンダードモデルが日本国内で発売
フィリップス補聴器のスタンダードモデルが日本国内で発売
 デンマークのデマントは、ロイヤルフィリッピスとのライセンス契約のもと、独自に開発した「フィリップス」ブランドの補聴器「フィリップス ヒアリンク」のスタンダードモデル「ヒアリンク3010」と「ヒアリンク2010」を、日本法人であるオーティコン補聴器を通じて、6月1日に日本市場で発売した。

その他の画像はこちら

 ヒアリンク3010とヒアリンク2010は、耳かけ型スタイルのミニRITE、ミニRITE T(テレコイル)、ミニRITE T R(テレコイル&充電式)、BTE PP Plus Powerの4種類のスタイルを用意している。

 上位機種に採用されているハウリング予防技術「サウンドマップ フィードバックキャンセラー」を搭載し、Bluetooth Low EnergyによってiPhoneやiPadと接続し、音声の送受信を可能にする「サウンドタイ(Sound Tie)」技術や、ウェブサービス「IFTTT(イフト)」への接続にも対応する。

 スタンダードモデルとして初の充電式タイプであり、3時間でフル充電でき、終日使える。カラーは、ベージュ、グレー、ブラックなど、肌や髪の色にマッチするさまざまな色を用意している。

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定