【岩合光昭】虎と呼ばれ、世界遺産を守るキプロスの猫

2

2020年06月02日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office
岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office
 動物写真家・岩合光昭さんが見つけた“いい猫(こ)”を紹介する「今週の猫」。今回は、キプロス・レメソスの「管理猫」です。

【今週の猫の写真はこちら】

*  *  *
 紀元前8世紀頃、神を祀(まつ)っていたアポロン神殿。そこに暮らすオスの野良猫は、虎という意味の「ティグリ」と呼ばれ、管理人たちから一目置かれていた。この遺跡にネズミやヘビが少ないのはティグリのおかげだと、みな口々にいう。

 彼をよく見ていたら、一瞬にして前脚が何かを捕らえた。トカゲだ。しかしこれは害無しと判断したのか、すぐに解放する。かなりのハンターだ。そして何事もなかったかのように毛づくろい。熟年の敏腕管理人がそこにいた。

デジタル岩合
http://www.digitaliwago.com/

※週刊朝日  2020年6月5日号

このニュースに関するつぶやき

  • 虎だ!オマエは虎に・・・ ※白いヤツは違うようだ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定