本の並び順にイタズラ?→頭文字を読むと... 古本屋で起きた「横読み」サプライズに感動広がる

84

2020年06月03日 13:20  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真一番上の文字に注目(画像は一色文庫提供)
一番上の文字に注目(画像は一色文庫提供)

「こんないたずらをしたのは誰ですか?
勝手に商品のちくま文庫の並びを変えられたら、まつげが全然乾かないじゃないですか!」

大阪市の古本屋・一色文庫が投稿した、こんなツイートが注目を集めている。どうやら商品である本の並びが変わっていたようなのだが、イタズラにしては地味である。それに「まつげが全然乾かない」とはどういうことか。

並び替えられた後の本がこちらだ。


なぜイタズラの犯人は本の順番を変えたのか...。その理由は、背表紙の一番上にある文字に隠されている。

「おたンしようひオみテとう」

...なんということだろう。

背表紙には、本を整理しやすくするため、著者名の頭文字などが記されている。それを左からつなげて読むと、「おたンしようひオみテとう→お誕生日おめでとう」というバースデーメッセージになるのだ。

投稿者のまつげが乾かないのも、きっと感動の涙で濡れているせいだろう。

「誰がやったのかわからない」

一色文庫のツイッターでは、この様子を2020年6月2日に紹介。そこには冒頭の言葉に続けて、

「どこのどなたか存じませんが、生涯忘れられない誕生日になりました。本当にありがとうございました」

と感謝の気持ちが綴られている。

こんないたずらをしたのは誰ですか?
勝手に商品のちくま文庫の並びを変えられたら、まつげが全然乾かないじゃないですか!どこのどなたか存じませんが、生涯忘れられない誕生日になりました。本当にありがとうございました。 pic.twitter.com/z582MBV9Bs
- 一色文庫 古本屋 (@hitujimimizuku) June 2, 2020

Jタウンネットは3日、店に電話をかけてみた。

店主によれば、一色文庫は一人で経営。ツイッターの投稿は店主によるもので、誕生日を迎えたのも店主だった。

一色文庫の投稿をさかのぼると、誕生日が6月2日であることは事前に投稿で知らされていた。それを見た誰かが店を訪れ、ささやかなメッセージを送ったのだろうか...。「め」が見つからなかったのか、「み」で代用したところも踏まえて、茶目っ気を感じさせるサプライズだ。

投稿によれば、この12冊だけ普段と違う場所に置いてあったとのこと。店主に詳細を聞いてみたが、「誰がやったのかわからない」とだけ話していた。

この投稿に対し、他のユーザーからは、

「ちょっとなまってるのが良い!」
「縦読みならぬ横読みとは!」
「めっちゃステキですね!!なんか、元に戻したくなくなりそう笑」

といったコメントや、祝福のメッセージが寄せられている。

このニュースに関するつぶやき

  • 言海は持ってるなあ。さすがに文庫サイズは辛い。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 気付くのがすごい。
    • イイネ!66
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(52件)

あなたにおすすめ

ニュース設定