「イケア原宿」内部公開、家具数は約1,000点&史上初「スウェーデンコンビニ」も登場

27

2020年06月04日 13:19  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真イケア原宿/画像提供:イケア・ジャパン
イケア原宿/画像提供:イケア・ジャパン
【女子旅プレス=2020/06/04】北欧スウェーデン発の家具・インテリアチェーン「イケア(IKEA)」の国内初となる都市型店舗「イケア原宿」が2020年6月8日(月)、東京・JR原宿駅前の商業施設「ウィズ原宿(WITH HARAJUKU)」にオープンする。4日、売り場レイアウトや併設カフェなど内部の模様が公開された。

【写真】原宿駅前の新施設「ウィズ原宿(WITH HARAJUKU)」テナントごとに順次開業

◆イケア、国内初の都心型店舗が原宿駅前に誕生

「イケア 立川」「イケア Tokyo-Bay」、「イケア 新三郷」、「イケア 港北」に続き、初の都心型店舗となる「イケア原宿」は、明治神宮を望む原宿駅前の新スポット「ウィズ原宿」内の路面店となる1〜2階に位置。

総展示家具数は約1,000点に及び、実際に気になる家具を見て触れられるだけでなく、都心型の暮らしに特化したサステナブルで手ごろなアイテムを豊富に取り揃え、2階には北欧料理を提供するスウェーデンカフェも併設される。

◆都心部での暮らしのニーズに応える4つの空間
「イケア原宿」の売場構成は、「眠る」「整える」「くつろぐ」「料理する」の4つの都市部での『暮らしのニーズ』をわかりやすく反映している点が特徴。
購入前にアイテムの使用例をイメージできるルームセットは、一人暮らし向けの部屋、低価格で実現する部屋など、都市部の暮らしを反映させた部屋タイプを充実。

また、都市の限られたスペースが課題であることを踏まえ、レイアウトやサイズを合わせ、スペースの有効活用を提案している。

◆グローバルでも国内でも初の売り場「スウェーデンコンビニ」
「イケア原宿」から初めて登場する1階の「スウェーデンコンビニ」は、エコバッグや植物由来の素材でできたフリーザーバッグISTAD(イースタード)、プラントラーメンなど、手ごろでサステナブルなアイテムをスピーディーに買い物できる、国内外の店舗でもこれまでになかった売場空間。
コンビニ内のコーヒースタンドでは、コーヒーや、シナモンロール、プラントベースのソフトアイスやサンデーなどをテイクアウトすることも可能だ。
◆2階「スウェーデンカフェ」で味わえる原宿限定メニュー

そして、2階のスウェーデンカフェでは、スウェーデンの伝統料理フラッドブレッドに具材をのせた「ツンブロード」という、「イケア原宿」限定メニューが登場。
クレープや食べ歩きカルチャーの発信地としての原宿と、スウェーデンの文化の融合を図って作られた新メニューで、味わえるのは世界のイケアでもここだけとなる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■イケア原宿
住所:東京都渋谷区神宮前1丁目14-30
交通:JR原宿駅(表参道口)より徒歩1分
東京メトロ千代田線「明治神宮前(原宿)駅」徒歩1分

情報:イケア・ジャパン

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • レストランのテラス以外惹かれるところないな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 原宿って店定着しないよね。くるたびに変わってる。土地的にしょうがないかもだが
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

ニュース設定