「社長が焼いてくれたパンを食べてる」パン焼き機のある出版社、素敵すぎる日常の一コマがネットで話題

0

2020年06月05日 16:10  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真社長自ら焼いたパン、「東京創元社」の人気公式キャラクター「くらり」とともに(提供写真)
社長自ら焼いたパン、「東京創元社」の人気公式キャラクター「くらり」とともに(提供写真)

「弊社は社内でアイス食べて注意されるどころか、社長が焼いてくれたパンを食べてるからな……。」というツイートに注目が集まっています。「うらやましい!」というリプライが次々寄せられています。

【写真】この本が社長にパンを焼かせるきっかけに

ツイートしたのは東京創元社(新宿区)の編集者、桑野崇さん。アカウント名はtsg_kuwano(@209_500)です。

桑野さんは現在リモートワーク中ですが、原稿の受け渡しのため5月26日に出社。その際、社長が焼いてくれたパンを食べた時のツイートなのだそう。でも出版社にパン焼き機?そして社長が焼いてるってどういうこと…?どうやら、ある本が発端らしいので、まずはその担当編集者、宮澤正之さんに聞きました。

   ◇   ◇

――きっかけは一冊の本だそうですね。

宮澤さん「はい、2019年の4月に弊社が刊行した『ロイスと歌うパン種』という小説です」

   ◇   ◇

「ロイスと歌うパン種」ロビン・スローン著/島村 浩子訳

舞台は米国サンフランシスコ。巨大ベンチャーで働き始め、激務にお疲れ気味の駆け出しプログラマーのヒロイン・ロイス。そこに信じられないくらい美味しいパンとスープが名物の宅配レストランを営む移民の兄弟が現れる。ふたりは一族の宝『歌うパン種』を残して去っていくが…。「とにかくロイスの焼くパンがやたら美味しそうで、読んでいるとお腹が空いてくる」(宮澤さん)

   ◇   ◇

――この本を読んで、社内にパンのブームが来たと。

宮澤さん「はい。そうこうするうち社長が、ロイスのある行動に触発されて、家にあるホームベーカリーを持ってきて社内で焼くことに。焼きたてのパンが思いのほか好評で、ここ一年くらいときどき焼いてくれるようになりました」

「ロイスと同じように、始業前の朝早くに社長がパン種を仕込み、発酵させ、お昼前には焼き上がります。それを一口サイズに切って、大皿に並べて皆、好きなように食べています。ハチミツやちょっと高級なバターや社員手づくりのジャムなども持ち寄るようになりました」

――パン焼きの腕前は。

「上がってきています(笑)。外の皮はやや固めで、中はしっとりふんわりです。牛乳、生クリーム、バターを入れて作るものやトマトジュースを加えたり、ココアブレッドにしたり。バリエーションも豊かです」

   ◇   ◇

続いてツイートをした桑野さんにもお話を聞きました。

――ツイートした時の状況は。

桑野さん「少し前に『会社の休憩時間にアイスを食べていたら注意された』というネットニュースを読んでいて、会社の文化はそれぞれだなあ、弊社はおおらかだなあ、という気持ちからのツイートでした」

――SNSで注目されました。

「皆さん食に関する話題は好きなんだな…と。以前、ホームベーカリーを導入して間もない時期にも一度バズったので、またこうして話題になって驚きました。弊社ではすっかり日常の一コマとなっています」

   ◇   ◇

ところで、作者のスローンさんは昨年5月にプライベートで来日。その際、「作品にインスパイアされて社内では自家製パンを焼いている、と話すと大受けしてくれました」(宮澤さん)とのことです。

(まいどなニュース特約・山本 明)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定