「結婚っていいかも」男性たちが既婚の友人をうらやましいと思った瞬間5つ

10

2020年06月05日 17:11  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
結婚願望が強かったわけではないけれど、既婚の友人の幸せそうな様子を見て「結婚したいな」とふと思ってしまった。

要注意! 結婚後“5年以内に破局”するダメ男を見抜く方法5つ

そんな、独身では味わえないふたりの生活の楽しさは、活力を与えてくれると気がついた男性たちに話を聞いてみました。

どんな瞬間に既婚の友人がうらやましいと思ったのか、またこれからどんな恋愛をしたいかなど、男性の気持ちをご紹介します。

■男性は既婚者のどんな姿にうらやましさを感じる?

■1: 同僚の愛妻弁当

「外での作業が多い俺の仕事。お昼ご飯はいつもコンビニで、飽きてくるしお金もかかります。

同期の友人は奥さんが作ってくれたお弁当を毎日持ってきて、『好物を入れてくれるんだ』とうれしそうに話すのが本当にうらやましいです。

雨の日とか買いに行くのが面倒なときでも、愛妻弁当のある友人は関係なし。俺もお弁当を作ってくれる女性がほしい……」(29歳/土木)

いわゆる“愛妻弁当”に憧れる男性は多いですが、それは買いに行く手間や節約のことより、「自分のために作ってくれる女性がいる」ことのありがたさがわかるから。

ひとり暮らしだったり彼女のいない期間が長かったりする男性に、こんな声は多く聞かれました。

■2: 家族で旅行の計画を立てているのが楽しそう

「自粛生活をしている友人が、最初は『子どもたちが家にいる時間が長くて大変』と愚痴をこぼしていたけど、非常事態宣言が解除になってからは旅行の計画を立てている。

『行けるようになったらすぐ出かけたいし、家族で行き先を話し合っている』って楽しそうに話すのを見ていると、こういう楽しみは独身の俺にはないんだな、と気がついて。

俺も外出規制でストレスが溜まっているけど、一緒に発散できる人が身近にいないって寂しいですよね」(33歳/営業)

今回、男性からの声で多かったのが「ひとりで家に引きこもることの寂しさを実感した」というもの。

家族がいれば、確かにストレスも多いかもしれないけど、孤独を感じることはないしレジャーや買い物の計画を一緒に立てられる楽しさも味わえます。

「ひとりではない」ことの重要さに気がついたともいえますね。

■3: 病気のときなど、看病してくれる人がいる

「結婚している友人が怪我で入院したとき、お見舞いに行ったら奥さんがかいがいしく世話をしているのを見ました。

いろんな手続きも奥さんがやってくれているらしく、病気のときに看病してくれる人がいるってうらやましいなと思いましたね。

ふと、『俺が入院しても彼女が心配してくれるのかな』って思ったらいろんな場面が想像できて、いま付き合っている彼女との将来を考えるようになりました」(30歳/教員)

特に独身でひとり暮らしの男性にとっては、病気のときなど心細さと不安で苦しむこともあると思います。

入院しても、そばにいてくれて自分ができないこともやってくれる女性がいることは、大きな安心だし心強いと思うもの。

交際中の彼女についてポジティブな想像ができるのなら、改めて結婚の可能性について考えてみるのもアリですね。

■4: 子どもってかわいい!

「いま付き合っている人もいないけど、それまで結婚はまったく興味を持てませんでした。

でも、一番仲のいい友人のところに子どもが産まれて、家に遊びに行ったら赤ちゃんがものすごくかわいくて。はじめて赤ちゃんを見て感動しました。

友人に似ているのがすごいと思うし、友人も奥さんも幸せそうだし、結婚っていいんだな、と実感しましたね。

これからは、こんな時間を一緒に過ごせる女性と恋愛がしたいです。まずは出会いを見つけなくちゃ」(26歳/調理師)

「子どもってかわいい!」と笑顔で話してくれたこちらの男性ですが、それまでは赤ちゃんに接する機会がなかったそう。

それが、友人の出産で生まれてはじめて赤ちゃんを身近に感じ、そのかわいらしさを知ったのですね。

子どもがきっかけで結婚を意識するのも、これからの恋愛をより充実させようとする流れになっていいなと思います。

■5: 趣味が同じ女性と暮らせるってうらやましい!

「俺はバイクが趣味で仲間たちとよくツーリングに行くのですが、ずっと仲の良かったふたりが結婚しました。

新居にお祝いに行ったら、大きなガレージにふたりのバイクが並んでいて、部屋もツーリングの写真が飾られていたりお揃いのジャケットが吊るされていたり、何だかふたりの生活が想像できるようで……。

趣味が同じだと結婚しても一緒に楽しめていいな、としみじみ思いましたね。俺も同じようにバイクの好きな女性を見つけて結婚したいです」(35歳/サービス)

趣味が同じ人間同士なら、結婚しても一緒に楽しめます。理解のないパートナーだと揉める原因にもなりますが、ふたりとも生活の一部として受け入れて暮らせるのは幸せですよね。

他人と同じ屋根の下で生活する結婚は、趣味や嗜好が似ているとそれだけストレスが減ります。そんなケースを間近で見ることができたのは、幸運ではないでしょうか。



結婚は、男性にとっても人生の一大事です。簡単に踏み切れるものではないからこそ、尻込みしたり興味を持てなかったりという男性も多いですが、意識が変わるのは身近な友人の姿にその幸せを見つけるから。

結婚をポジティブに捉えることで、「自分もこうなりたい」と新しい可能性を考えることができるのですね。

このニュースに関するつぶやき

  • 仲良し夫婦っていくらでもいるからね���ޥ���支え合って毎日楽しそうだと結婚っていいなーってなるよそりゃ��(OK)‍♀ https://mixi.at/a9L7CW4
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 弁当くらい自分で作れ、看病してくれるなら相手が病気の時看病すること考えてるか?子供はたまに見るからかわいいんであって育児すること考えてる?なんか「してほしい」ばかり、悪いけどだから独身なのでは?
    • イイネ!5
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定