脇知弘、18年ぶりの「ごくせん」を初めてわが子と一緒に視聴 息子の小学校でも話題に

137

2020年06月05日 18:58  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真子どもたちにとって初めての「ごくせん」(画像は脇知弘 公式ブログから)
子どもたちにとって初めての「ごくせん」(画像は脇知弘 公式ブログから)

 俳優の脇知弘さんが6月4日にブログを更新し、自分の子どもたちと一緒に「ごくせん」(日本テレビ系)の再放送を見たことを報告。仲間由紀恵さんが任侠一家育ちの熱血教師を演じる学園ドラマの中で、当時22歳の脇さんは生徒の熊井輝夫(クマ)役で出演していました。



【画像】当時22歳の脇さん



 約18年ぶりとなる「ごくせん」第1シーズン第1話は3日に放送。脇さんは放送前日に、「子供達まだ『ごくせん』観たことないので観せるの楽しみや〜」とブログでつづっており、放送当日は特別に遅く寝ることを許可して家族で「ごくせん」を見たようです。



 子どもたちは初めての「ごくせん」を、「娘は俺が教頭にゴミとかグズと言われてることに激怒」「俺が殴られるシーンとかは昔からですが顔を伏せる」と感情移入しながら見ていた様子。また、息子から「来週はトトいい奴になってるんやろ? 来週も殴られるん?」と問われ、「いい奴になってるし殴られないよ」と答えたところ、「ほな、早くまた観たいな」と夢中になっていることも伝えています。なお、「ごくせん」第2話は6月10日に放送されます。



 「ごくせん」の第1シーズンには、松本潤さん、小栗旬さん、松山ケンイチさんとそうそうたる面々も出演していたことから、この再放送に喜びの声を上げた人は多く、脇さんのブログも、アメブロランキングで“80年代生まれ俳優”カテゴリーの第1位に躍り出るなど大きな注目を集めました。脇さんは6月5日のブログでそのことに触れるとともに、息子が小学校で「お前の父ちゃん、昨日たくさんテレビでてたな〜」と言われたことを報告。「『ごくせん』の影響力って当時もだけど18年経った今でも凄いんだなと改めて思いました」とつづっています。


このニュースに関するつぶやき

  • 教頭役、いい味出してたなー晩御飯食べながら所々見てたけど…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ごくせんは第一シーズンが一番おもしろいと思う。「ごくせんのせいで、『学生を守る=暴力』のイメージがついた」と大学の教授は言っていたけど、大切なのは、体を張ってまで守ってくれる先生がいること。
    • イイネ!165
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(78件)

あなたにおすすめ

ニュース設定