2021年4月開幕“TCRサウス・アメリカ”の開催概要が発表。最高26台で全8戦を予定

0

2020年06月06日 07:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真新たな大陸で2021年の創設を目指す“TCR South America championship(TCRサウスアメリカ選手権)”がオンライン・カンファレンスを実施した
新たな大陸で2021年の創設を目指す“TCR South America championship(TCRサウスアメリカ選手権)”がオンライン・カンファレンスを実施した
 新たな大陸で2021年の創設を目指す“TCR South America championship(TCRサウスアメリカ選手権)”のオーガナイザーは、オンライン・カンファレンスを実施して同年4月の開幕を予定するシリーズの開催概要をアナウンス。アルゼンチン、ブラジル、チリ、ウルグアイなどを含む全8戦、最大26台のライセンスを用意すると明らかにした。

 ルーベンス・バリチェロにリカルド・ゾンタ、ネルソン・ピケJr.やルーカス・ディ・グラッシなど、グローバルに活躍する数多くのドライバーが参戦するブラジルの人気ツーリングカー選手権SCBストックカー・ブラジルや、WTCC世界ツーリングカー選手権3連覇のホセ-マリア・ロペスを筆頭に、エステバン・グエリエリやネストール・ジロラミら世界的“ハコ車使い”を輩出する隣国アルゼンチンのスーパーTC2000(STC2000)など、南米大陸には今もハイレベルなツーリングカー・シリーズが存在している。

 その現況や歴史的背景をベースに、新たに立ち上がるこの新TCR規定ツーリングカー選手権は、1990年代後半に南アメリカのスーパーツーリングカー選手権の運営組織に所属していたアルゼンチンのフェリペ・マクガウと、2013年から2016年までSCB組織委員会の会長を務めたブラジルのマウリツィオ・スラビエロがオーガナイザー代表を務めている。

「まずは、我々のこのプロジェクトに信頼を寄せてくれた(WSCグループ代表の)マルチェロ・ロッティに感謝したい」と挨拶したマクガウ。

「このような世界的に困難な状況下では、普段にも増して独創性をさらに活かそうとする取り組みが必要であり、残された期間を活用して南米大陸にまたがる素晴らしいシリーズが生み出されることを期待している」

 このTCRサウスアメリカは2021年4月の開幕が宣言され、南米全土で全8戦のシリーズを予定。現在、プロモーターはアルゼンチンのテルマス・デ・リオ・オンドを筆頭に、同国サンフアン州のエル・ビリクム、ブエノスアイレス、ブラジル・サンパウロのインテルラゴスやクリティバ、SCBでおなじみのゴイアニアにリオグランデ・ド・ソル、チリのテムコなどのサーキットと交渉中だという。

 またカンファレンスでは週末のレースフォーマットもアナウンスされ、30分間の公式プラクティスセッションが2回、さらにQ1、Q2、Q3で構成される予選セッションと、それに続く35分の決勝レースが2ヒートで構成される。

 チャンピオンシップへのエントリーには合計26の参戦ライセンスが用意され、エントリー期限は7月31日に設定。暫定エントリーリストは8月末にリリース予定となっている。

 FIA統括機関として南米大陸のモータースポーツ活動を支援するCODASUR(Confederacion Deportiva Automovilismo Sudamericana)代表のカルロス-グラシア・レモイも、次のようにシリーズへの期待感を語っている。

「我々はおもにアルゼンチンとブラジルからのエントリーを期待しているが、おなじようにチリ、パラグアイ、ウルグアイからのエントリーも見込んでいる。 2021年の初年度シーズンから強力なチャンピオンシップになることを目指している」

 シリーズの技術部門を率いるテクニカルディレクターには、ALL-INKL.COM Muennich Motorsportなどでレースエンジニアを務めるサミュエル-カンサ・ルイスが就任し、スポーティング面のディレクター職はSTC2000でHonda Racing Argentinaとして活動するRAMレーシング代表のヴィクトル・ロッソが担う。

「TCRのスポーツレベルはとても高くスマートだ。この新しいシリーズに貢献できることをうれしく思う」と語るのは、日本でのレース経験も持つRAMレーシングのヴィクトル・ロッソ代表。

「土日にまたがるレース週末の2日間を、ファンが理解しやすい形式に保つことを目標としている。我々が目指すのは、国内で支持を集める人気シリーズとはまた違った、南米大陸を代表する選手権になることだ」

 一方、TCRの仕掛け人でもあるWSC代表ロッティも、シリーズのラウンチに向け激励の言葉を贈った。

「TCRサウスアメリカの立ち上げは、フェリペ・マクガウやCODASURのカルロス-グラシア・レモイなど、有能なるメンバーによる驚くべき成果の結晶だ」と語ったロッティ。

「以前にも述べたとおり、ここ南アメリカにはツーリングカーに精通する熱狂的なファンが多数存在し、自動車市場を牽引する世界的なマニュファクチャラーが数多く参入している。その地域で開催するリージョン選手権には、大きな存在意義があると思っている」

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    ニュース設定