ほぼ10分で完成! ひと皿で大満足の“#家パスタ”で、おうち時間を楽しもう

152

2020年06月06日 11:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『とびきりおいしい 家パスタ 食べたら疲れが吹き飛ぶよ!』(Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA)
『とびきりおいしい 家パスタ 食べたら疲れが吹き飛ぶよ!』(Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA)

 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、テレワークの継続などによって、おうち時間が増えたという人は多いのでは?

 となると、引き続き悩ましいのが毎日の食事作り。一体、何を作ればいいの? と途方に暮れている人は少なくないだろう。

 そんな悩みを“この手があった!”と解消してくれるのが、インスタグラムのフォロワー数30万人超えのフーディスト・Tesshi(@tmytsm)さんの料理本『とびきりおいしい 家パスタ 食べたら疲れが吹き飛ぶよ!』(Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA)だ。

 家パスタの魅力は、旬のものや、冷蔵庫にあるもので気軽に作れること。

 主菜とおかずを兼ねて時短(ほぼ10分!)で作るがっつり&ボリューミーなパスタを、夫の晩酌のおつまみに、息子たちのお弁当に、フル活用してきた著者が、とびきりの家パスタの作り方を教えてくれている。

オイルパスタの極意も解説! ブロッコリーとベーコンのパスタ



 オイルパスタ作りのポイントは、オイルがゆで汁と合わさってソースになるという点。本書では、そのポイントを上手にクリアして、家パスタをレストラン級の“とびきり”に仕上げる方法もちゃんと紹介されているからうれしい!

 ベーコンを、肉系・魚介系の食材(ソーセージ、えび、あさり、アンチョビペーストなど)に、ブロッコリーをほかのさまざまな野菜に換えてもOK!

【材料(1人分)】
ブロッコリー… 5房(1房を食べやすい大きさに切り分ける)
ベーコン(ブロック) … 40g(1cm角の棒状に切る)
にんにく … 1片(包丁の腹でつぶす)
赤唐辛子 … 1本
オリーブオイル … 大さじ2
塩 … 少々
スパゲッティ … 100g
 塩 … 小さじ2

【作り方】

1. パスタをゆでるために、水1リットルを鍋に入れ、沸かし始めます。

2. フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子、ベーコンを入れて弱火にかけ、じっくりとオリーブオイルに香りとうまみを移していきます。ベーコンにこんがりとした焼き目がついたら火を止めます。これでソースの準備ができました。

3. 湯の表面にぼこぼこ泡が出てきたら沸騰してきたということ。塩を入れて溶かします。塩の量は、この本では1%で統一しています。湯1リットルなら小さじ2(10g)。塩を入れるのは、パスタをゆでる直前に。

4. パスタの束を両手でぎゅっとにぎってねじり、鍋の中心に立ててから、ぱっと手をはなすと、放射状に広がります。箸で湯から出ているパスタを湯に浸し、箸でかき混ぜてほぐします。ここでタイマーを袋の表示のゆで時間より1分短くセットします。

5. 2で火を止めておいたフライパンに、パスタのゆで汁大さじ1を加え、フライパンをゆすってなじませ、さらに大さじ1を加え、ゆすってなじませれば、ソースのでき上がり。

6. パスタのゆで時間を計っているタイマーが残り2分になったら、湯にブロッコリーを入れ、パスタと一緒にゆでます。

7. ゆで上がったパスタとブロッコリーは、トングで持ち上げるかざるに上げてから、ソースのフライパンに移し、パスタ全体にソースをからめます。味をみてたりなければ、塩で味をととのえます。

8. 箸とスプーンでくるっとねじりながら、山高になるよう器に盛りつけます。

★シンプルオイルパスタは、味変自在
 シンプルな塩味のオイルパスタは、まずそのまま味わってみてから、パルミジャーノレッジャーノをおろしかけて、うまみを追加。そこに黒こしょうをふって、パンチをきかせて、その次にEXVオリーブオイルをまわしかけて、コクと風味を加えればさらにリッチな味に。

基本のカルボナーラ



 生クリーム不要。家にある材料ばかりなので、思いついたときにすぐに作ることができます。黒こしょうをたっぷりひいて、熱々をめしあがれ。

【材料(1人分)】
卵液
 卵… 1個
 パルミジャーノ… 20g
 粗びき黒こしょう… 適量
ベーコン(ブロック) … 40g(7mm角の棒状に切る)
オリーブオイル … 大さじ1
粗びき黒こしょう … 適量
パルミジャーノ(仕上げ用) … 好みの量(すりおろす)
スパゲッティ … 100g
 塩 … 小さじ2

【作り方】

※パスタのゆで方は「ブロッコリーとベーコンのパスタ」のレシピを参照

1. 卵液を用意する。卵を割って、パルミジャーノをおろし入れ、黒こしょうを加え、よく混ぜる。

2. フライパンにオリーブオイルとベーコンを入れて弱火にかけ、香ばしい焼き色がついてカリカリになったら火を止める。

3. 2にゆで汁大さじ1 を加えてよくなじませる。オイルとゆで汁は同量が目安なので、ベーコンから脂が出て増えていたら、ゆで汁も増やす。

4. ゆで上がったパスタを加え、ソースとからめる。

5. 1の卵液を加え、手早くからめる。弱火にかけて、とろみがついてくるまで混ぜ続ける。器に盛り、好みの量の黒こしょう、パルミジャーノをふる。

コーンスープの素で えびブロコーンクリームパスタ



 コーンスープの素に牛乳とチーズを加えてパスタソースに! 特別な味つけは不要だが、にんにく必須、パスタらしく仕上げるのがこだわり。えびの代わりにベーコンを使っても。

【材料(1人分)】
むきえび(背わたを除く) … 5尾
コーン(冷凍) … 大さじ2
ブロッコリー… 3房(1房を食べやすい大きさに切り分ける)
コーンスープの素… 1袋
牛乳… 150ml
スライスチーズ… 2枚
にんにく… 1片 みじん切り
オリーブオイル … 大さじ1
スパゲッティ … 100g
 塩 … 小さじ2

【作り方】

※パスタのゆで方は「ブロッコリーとベーコンのパスタ」のレシピを参照

1. フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱火にかける。香りが立ったらえびを入れて中火で両面を焼き、コーン(凍ったままでいい)を加えてさっと炒める。

2. コーンスープの素、牛乳を加えて混ぜ、とろみがついたら火を止める。

3. ゆで上がったパスタとブロッコリーを加えてあえる。煮つめすぎたらゆで汁適量を加えてとろみを調整する。

 どれも簡単なのに、ボリューム満点! とても“#家パスタ”とは思えない、おいしさ&華やかさで、食べたら疲れが吹き飛ぶこと間違いなしだ。

 本書ではほかにも「トマトソースパスタ」や「ご当地パスタ」など、さまざまなレシピが紹介されている。

 はぁ、また食事作りか…とウンザリとしてしまう今こそ、家パスタを極めて、おうち時間を充実させるのもありでは?

文=岸田直子


動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • へー ∩ヾ(゚-゚ )
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • コーンスープのやつが美味しそうだったなぁ。でも今パスタ品薄だよねw
    • イイネ!36
    • コメント 14件

つぶやき一覧へ(60件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定