プロレス界の「ジュノンボーイから氷川きよし」まで!女性を虜にするイケメンレスラー

7

2020年06月06日 16:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真左から時計回りに、清宮海斗、ジェイク・リー、黒潮“イケメン”二郎、火野裕士
左から時計回りに、清宮海斗、ジェイク・リー、黒潮“イケメン”二郎、火野裕士

 いまやプロレス会場の半分は女性の時代。最近は新型コロナウイルスの影響で、無観客試合を行っている一部の団体を除き、ほとんどの団体が興行を行えていないが、それまでは幅広い世代の女性たちが会場に訪れていたものだった。しかも、技の種類から選手同士の関係性まで熟知する、「にわか」と言い切れない熱心な層が大半だという。K-POPのアーティストのように、母と娘で会場やファンイベントに参加する女性たちも珍しくない。

女性人気の秘密は
“イケメン”だけが理由じゃない!!

 近年、ここまで女性たちが心おきなくプロレスを楽しむようになったのには、どんな要因が考えられるのだろうか。

自己プロデュース能力の向上に力を注ぎ、従来のファンだけを大切にするのではなく、新たなファンの獲得も目的として活動する選手が増えたからなのではないでしょうか

 こう分析するのはあるベテランのスポーツ紙記者だ。

「5、6年ほど前、新日本プロレスの棚橋弘至選手やオカダ・カズチカ選手らが注目を浴び出して『プロレスファンの女性が急増している』という話題が席巻していたころ、『ルックスのいい、イケメンレスラーが増えたから』という見解が多かったものですが、そんな簡単な理由だけではないのではないかと違和感を覚えていたものです

 なぜなら、以前からイケメン、もといハンサムなレスラーはたくさん存在していました。実際、若いころの武藤敬司選手や船木誠勝選手は俳優として通じるほどの端正な顔立ちであり、決して今のイケメンレスラーに劣るとは思えません。

 とはいえ、以前のプロレスラーといえば、“無骨さ”がもてはやされたもの。そんな選手たちの無骨さに自分を投影した男性たちが熱狂する――、というのがプロレスの人気の一因でもあった。ただそれが、プロレスというジャンルの閉塞化にもつながってしまった」

 それではいけないと気づいたのが、「当時の新日本プロレスであり、棚橋たちだったともいえる」という。

「プロレスラーの言動に人生を重ね合わせられるのは一部の人たちだけ、なんてことはない。レスラーたち自らが『プロレスは、世代や性別関係なく誰もが共感できるし、楽しめるんだ』ということをアピールし始めたからでしょう

 ただ、“イケメン”という言葉のニュアンスが象徴するように、ルックスのよさに加え親しみやすくて清潔感のある選手が増えたのは事実。彼らが自覚をもってプロレス人気を盛り立てようと努力をしていることもあり、女性ファンが増えやすい土壌ができたということなのだと思います」

『こうあるべきもの』
という
殻を打ち破り……

 また、プロレス観戦歴40年以上というタレントの徳光正行さん(48)もこう語る。

「女性ファンだけが急増したのではなく、さまざまな特色を持つ団体が増えたりと選択肢の幅が増え、老若男女みんながそれぞれに楽しめる形になったため、結果的にファンの数自体が増えたのだと思います。 

 以前、父(アナウンサーの徳光和夫さん)が『なんで男の子がプロレスを好きなのかわかるか。あれはウルトラマン同士の戦いみたいなものだからだ』と言っていたのですが、これまでのプロレスは確かにそんな要素だけで突っ走っている感じが強かった。

 最近は、初めて見る人でもわかりやすいほどに試合運びのテンポもよくなったし、選手たちのコスチュームもファンの目線も取り入れた上での華やかなものになりました。実際、現在主流となっているボクサータイプのショートタイツは、スタイルがよく見えるし、女性ファンの人気も高い。

 各団体や選手たちが『こうあるべきもの』という殻を打ち破ったからこそ、女性たちも存分に楽しめるようになったのではないでしょうか

 今回、週刊女性PRIMEでは、そんな最近のルックス・実力ともにお墨付きの選手を自信を持ってご紹介。テレビや動画、いつかは会場で、大いに盛り上がってみては?

王道プロレスの前例なきニュータイプ
ジェイク・リー(全日本プロレス所属)

1989年生まれ、北海道出身。192cm、115kg
得意技:バックドロップ、ジャイアントキリング
好きな食べもの:クリームソーダ
好きな女性のタイプ:倉科カナ


 故・ジャイアント馬場さんが旗揚げした「全日本プロレス」。これまで数々の名レスラーを生み出してきたけど、ボディメイクトレーナーという一面も持ち合わせているのは彼だけ。
初めて見る方は、僕のコスチュームのスリットを見てほしいかも。キックを多用するためスリットを入れたのですが、結果的にセクシーになってしまった(笑)。プロレスは、戦後の力道山さんに代表されるように人に活力を与えるものだと思います。僕らが戦う姿を見て、みなさんの活力にしていただけたらうれしいですね」
 

月額900円(税込み)で試合を含めた動画見放題サイト「全日本プロレス TV」で、ジェイク選手の勇姿が見られる!
https://www.ajpw.tv/project dee
https://peraichi.com/landing_pages/view/projectdee

とにかく強い! マッスルジュノンボーイ
火野裕士(ZERO1所属)

1985年生まれ、大阪府出身。178cm、120kg
得意技:Fucking Bomb、世界一のジャーマンスープレックスホールド
好きな食べ物:いっぱいあるけど家、帰ってカレーの匂いがするとうれしくなる! ってことはカレーか(笑)


「これぞプロレスラー!」と叫びたくなるような圧倒的な肉体の持ち主だけど、実はかつて『JUNON』の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のベスト40に選ばれたという、ルックスも◎の選手。
「ええレスラーはみんなそうやけど、しっかり自分のスタイルを持ってる。ベルトやリーグやトーナメントはとりあえずおいといて、コロナで落ち込んだぶんお客さんとともにむっちゃ盛り上がりたい!!

 

常識にとらわれない新時代の奇想天外
高橋ヒロム(新日本プロレス所属)

1989年生まれ、東京都出身。171cm、88kg
得意技:TIME BOMB、ダイナマイトプランジャーなど
好きな食べ物:タン塩、中トロ、プリン。自分の料理で好きなのはもつ煮、オリジナルネバネバ丼
好きな女性のタイプ:叶姉妹のお2人


 名レスラーである獣神サンダーライガーさんが、今年1月に引退するまで牽引してきたジュニアヘビー級(100kg未満)を、さらに進化させる存在と期待されるのが彼!
注目しようとしなくても、ヒロムちゃんに目がいってしまうでしょう。リングでいちばんきらめいてるのがヒロムちゃんです。たまりにたまっているであろうプロレス観戦欲を、早く満たしてあげたい! プロレスを浴びて生き返るお客さんの顔が早く見たい! そのために、いま自分にできる手洗い・うがいやステイホームを徹底しています。それが興行再開へのいちばんの近道だから!」
 

今年3月にYouTubeチャンネル「高橋ヒロム HiromuTakahashi」を開設。「素のヒロムちゃんを見ることができるよ!」(ヒロム)
https://www.youtube.com/channel/UC04oMNumJnQ_Czt859Wx9TQ
有料動画サイト「新日本プロレスワールド」では、試合中継やオリジナルトークが楽しめる。
https://njpwworld.com/

料理もプロ級“全知全能”レスラー
YAMATO(DRAGONGATE所属)

1989年生まれ、岩手県出身。172cm、82kg
得意技:各種関節技、ギャラリアなど
好きな食べ物:焼き肉
好きな女性のタイプ:綾瀬はるかのような一重または奥二重な女性

 総合格闘技にルーツを持つため、グラウンド技や関節技を得意とするYAMATO選手。“イケメンが寝技の使い手”……なんて甘美な響き!
「試合はもちろん、佇まいなどすべてに注目してほしいですね。新型コロナウイルスによっていろんな価値観が変わり、まさに歴史の一大転換期を迎えたと思います。この騒動が収束した後の新しい世界にプロレスが必要とされるよう、“お金を払って見る価値のあるプロレスラー”でい続けたいと思います

筋肉美とおいしそうな厳選料理、どちらも眼福にあずかれる前代未聞のレシピ本『レスラーYAMATOの筋肉キッチン』(小学館)が絶賛発売中!

観客を魅了するイケメン界のエンターテイナー
黒潮“イケメン”二郎(フリー)

1992年生まれ、東京都出身。180cm、90kg
得意技:イケメンスラッシュ、イケメンサルトなど
好きな食べ物:ケチャップをつけて食べるもの
好きな女性のタイプ:「戦う女性」としか見れないので女子プロレスラーだけはちょっと苦手です


「俺、イケメンじゃないですから」と笑うように、たしかに正統派のイケメンではない……んだけど、試合を見るや誰もが彼のことを好きになる不思議なイケメン力を持つ。
「親父が大のプロレスファンだったので、物心がついたときにはプロレスラーを目指していました。プロレス以外のスポーツは見たことなかったため、25歳のときに初めてプロ野球が12球団あると知ったくらい(笑)。もともと『世界のリングで活躍したい』という夢があって所属団体を辞めました。めどが立てば渡米します。僕のプロレスはすべて見どころなので、日本にいようがアメリカにいようが僕から目を離さないでください!」

「アメリカに行くまで親父が経営する『鍋家 黒潮』を手伝ったりしているのでぜひ! あ、やってないときもあるんで電話で確認してみて〜」(イケメン)
鍋家 黒潮 (電話)03-3897-0801
Twitter:@NABEYAKUROSHIO

プロレス界の未来を担う“スーパーノヴァ”
清宮海斗(プロレスリング・ノア所属)

1996年生まれ、埼玉県出身。180cm、98kg
得意技:タイガースープレックスホールド、ドロップキックなど
好きな食べ物:トマト
好きな女性のタイプ:竹内結子、年上の女性


 23歳という若さでノアのシングル王座「GHCヘビー級王座」を戴冠するなど、プロレスファンから未来を嘱望される逸材!
「小学生のころから“レスラーになるんだ”と思い続けてきたので、高校時代は帰宅部なのにYouTubeで食事方法や身体の鍛え方などを見たり、プロレスの入場曲を聴きながら通学していました。自分はまだまだ若い。試合ではエネルギーがほとばしっているので、僕の試合を見れば元気が湧いてくると思います。飛んだり跳ねたり元気のリミッターがはずれている姿を見てほしいです!

インターネットテレビ局「ABEMA」にアクセスすれば、清宮選手をはじめノアの選手たちの熱い戦いが無料で楽しめる!
https://abema.tv/video/title/517-1?s=517-1_s10

取材・文/週刊女性編集部・我妻アヅ子

このニュースに関するつぶやき

  • 火野はいいぞ、ローキックで足攻めする相手にローチョップ(太ももへのビンタ)で勝つんだもの。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ヒロムはイケメンか?…おっと誰か来たようだε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
    • イイネ!7
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ニュース設定