広島、3月6日以来の対外試合勝利 誠也3ラン、メヒア2発、堂林ダメ押し弾

10

2020年06月06日 18:52  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真広島・佐々岡監督
広島・佐々岡監督
● オリックス 6 − 10 広島 ○
<6月6日・京セラD大阪>

 広島打線が4本塁打含む13安打10得点と爆発。対外試合白星は2−1で勝利した3月6日の西武戦(オープン戦)以来で、2引き分けを含む連敗を「13」で止めた。

 2試合連続完封負け中だった鯉打線が目覚めた。まずは2点を追う3回、4番・鈴木誠が逆転となる3ランを左翼席上段へ。続くメヒアも右越えソロで続き4点目を奪った。メヒアは4−4の同点で迎えた7回にも、左翼席上段へ3ランを運び計2本塁打4打点と大活躍。これで実戦再開後は、5月末の紅白戦も含め7試合で6本塁打となった。

 8回は3番・西川が中前適時打を放ち、クリーンアップ全員が打点をマーク。9回は7番・堂林が、ダメ押しとなる2ランを右中間席へ運んだ。

 投げては先発の床田が、5回2失点、3安打9奪三振と好投。4点リードの9回は、新守護神候補のスコットがテンポ良く3者凡退で締めた。

このニュースに関するつぶやき

  • 長いトンネル抜けた https://mixi.at/a9MnjW7
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 一軍と二軍の境界、即ち敗戦処理系の投手を色々と試してるけど、上がってこないね。あとホームランの得点ばかり。走って繋ぐ野球が、なんか大味な感じ。守りもミス多い。
    • イイネ!35
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定