【安田記念見どころ】アーモンドアイ、GI・8勝目なるか 超豪華メンバー集結のマイル王決定戦

2

2020年06月07日 10:00  netkeiba.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

netkeiba.com

写真GI・8勝目を狙うアーモンドアイ(撮影:下野雄規)
GI・8勝目を狙うアーモンドアイ(撮影:下野雄規)
 非常に豪華なメンバーが揃った春のマイル王決定戦。出走する主な有力馬は次の通り。

■6/7(日) 安田記念(3歳上・GI・東京芝1600m)

 アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)は今年初戦となった前走のヴィクトリアマイルを持ったままで4馬身差圧勝。改めて現役最強の力を見せ付け、史上最多タイの芝GI・7勝目を飾った。昨年はスタート後の不利もあって3着に敗れたが、今年はその雪辱といきたいところだ。

 インディチャンプ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は昨年の春秋マイル王。今年は、初戦の中山記念こそ4着に敗れたが、続くマイラーズCできっちり良化を示して勝利を飾り、順調にここまで駒を進めてきた。昨年同様に強敵を破って、グレード制導入以降では3頭目の連覇達成なるか。

 ダノンキングリー(牡4、美浦・萩原清厩舎)はこれまで重賞3勝。GIでも昨年の日本ダービーで2着、前走の大阪杯で3着など惜しい競馬を続けている。今回は[3-1-0-0]と好相性を誇る東京コース。怪我から復帰した戸崎圭太騎手とのコンビで、悲願のGI初制覇なるか注目したい。

 その他、昨年の桜花賞馬で前走の高松宮記念では2着のグランアレグリア(牝4、美浦・藤沢和雄厩舎)、これまで重賞5勝のダノンプレミアム(牡5、栗東・中内田充正厩舎)、昨年の香港マイルなどマイルGI・3勝のアドマイヤマーズ(牡4、栗東・友道康夫厩舎)、昨年のヴィクトリアマイル覇者ノームコア(牝5、美浦・萩原清厩舎)、前哨戦の京王杯スプリングCを快勝したダノンスマッシュ(牡5、栗東・安田隆行厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

このニュースに関するつぶやき

  • 得意の府中での勝ち負けはここまで。あとは海外専念で結果JRAG7勝止まりであると思う。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • G1・7勝馬は過去6頭いますが、そのうちG1・8勝目に挑戦した馬はテイエムオペラオーだけ。8勝目に挑むこと自体が非常にレアで、それだけでも歴史的な1日といえます。
    • イイネ!2
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定