大東駿介「既婚&子ども3人」仰天告白! 水川あさみとの“不倫”言及も唐突さに違和感

0

2020年06月07日 13:02  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真大東駿介オフィシャルサイトより
大東駿介オフィシャルサイトより

 俳優の大東駿介が、実はすでに結婚をしていて3人の子供がいたと、6月4日発売の「女性セブン」(小学館)で告白した。大東は2015年12月に妻とできちゃった結婚し、当時は別居婚生活だったという。その後、2人目、3人目の子供が誕生するも、別居を続けていたと話している。

「友人や仕事の先輩、親族にも結婚していたことを隠していたとのこと。とはいえ、ちゃんと婚姻届も提出しているし、計画的に子供も作っているしで、いわゆる“隠し子”ということではない。4月からは家族5人で暮らすようになったということで、これをきっかけに全てを洗いざらい話してしまおうということなのかもしれません」(芸能事務所関係者)

 幼少期に父が蒸発、中学2年生で母も蒸発し、それ以降は伯母に育てられたという大東。そういった家庭環境で育ったがゆえに、家族を持つことに恐怖心を抱いていたとも告白した。しかし一方で、不自然な点もある。ベテラン芸能記者はこう話す。

「大東はかつて水川あさみと交際していたんですが、今回の『女性セブン』においてそこにも言及しています。しかも、結婚していたことを隠して水川と交際していたと話している。つまり、過去の“不倫”を告白しているわけです。

そんなことを話したところで、大東本人が得することもないし、今は窪田正孝と結婚している水川にとっても迷惑な話。どうしてわざわざみんなが損しかしない話をここでしたのか、と疑問が残りますね。何かもっと知られたくないような別の事実があって、それを公表しない代わりに、水川の話に触れたのでは……なんて勘ぐってしまいます」

 大東駿介は05年にワタナベエンターテインメント系列の芸能事務所トップコート主催のオーディションでグランプリを受賞し、そのまま同事務所所属タレントとして芸能界デビュー。モデルや俳優として順調にキャリアを積んでいったが、11年にトップコートから現事務所に移籍している。

「トップコートは、松坂桃李、菅田将暉などが所属している俳優系の大手。大東は彼らの先輩にあたるわけです。あのままトップコートにいれば、この2人よりも売れっ子になっていた可能性も高い。それなのに、どうしてあの時期に移籍したのか……という点は少々不可解です。もちろん、結婚の時期と移籍の時期は合致していないので、関係ないとは思いますが、ちょっと気になるところです」(同)

 家族5人で再出発したばかりの大東。妙な秘密が飛び出してくるようなことにならなければいいが……。

    ニュース設定