シュワ、「トータル・リコール」主演までの苦労

1

2020年06月10日 13:25  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
アーノルド・シュワルツェネッガー(72歳)が、1990年作「トータル・リコール」のプロデューサーから参加を望まれていなかったことを明かした。同SFアクション大作で、肉体労働者で諜報員のダグラス・クエイド役を演じたシュワルツェネッガーだが、「コナン・ザ・グレート」で一緒に仕事をしたディノ・デ・ラウレンティスからは適任だとは思われていなかったそうだ。

その他の大きな画像はこちら



シュワルツェネッガーは、ザ・リンガーのインタビューでこう振り返っている。

「何年も追いかけていたんだよ。ディノ・デ・ラウレンティスが持っていたからね」
「でも彼はいつも『シュワルツェネッガー、僕は君にコナンでいて欲しい。『トータル・リコール』には出演して欲しくないんだ。ジェフ・ブリッジズがいるからね』って感じだった」

しかし、同作品をほぼ10年にわたり温めていたデ・ラウレンティスの製作会社が倒産したことから、シュワルツェネッガーにチャンスが巡ってきたという。

そこでシュワルツェネッガーは、当時駆け出しだったマリオ・カサールとアンドリュー・バイナをプロデューサーに迎え、「ロボコップ」のポール・バーホーベン監督とレストランで会うことにしたそうだ。

「(『ロボコップ』は)とてもクリエイティブだったし、夢中で観たよ。素晴らしかったね。『会いに行って、この映画を非常に楽しみましたって言わなければ』と考えていたのを覚えている」

その後2人は意気投合、フィリップ・K・ディックの短編小説「追憶売ります」の版権を手に入れて「トータル・リコール」を製作した。

「お金のことなど話しませんでした。ただお互いを見て、マリオが資金を提供してくれることや、アーノルドと僕は良いチームだってことを信じたんです」とバーホーベンは当時を回想している。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20200660239.html


このニュースに関するつぶやき

  • ジェフ・ブリッジスも観たかったような。さらに深い表現があったかもしれない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定