身内に甘い茶番劇!? 箕輪厚介氏の降板理由をボカした『スッキリ』に視聴者が呆然

0

2020年06月10日 15:23  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真「死ぬこと以外かすり傷」(マガジンハウス)
「死ぬこと以外かすり傷」(マガジンハウス)

 日本国民の全てが「週刊文春」(文藝春秋)やネット記事を読んでいると思っている?

 6月9日の『スッキリ』(日本テレビ系)にて、火曜日コメンテーターを務めていた幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏が番組を降板したことが伝えられた。

 番組では水卜麻美アナが、箕輪氏から届いたメッセージを代読。「一連の問題で不快な思いをさせて申し訳ありません」「僕自身、一般的な常識を欠き、知らず知らずのうちに傲慢になっていたと思います。全て身から出たさびだと考えております」「テレビ番組への出演は全て自粛することにしました。未熟な自分を猛省し精進してまいります」と、謝罪と出演自粛の申し入れがあったことを明かした。

「この件について、MCの加藤浩次は『この場でしっかり発言してやっぱり正々堂々とこの場で実際に何があって、こうだったと。謝罪するところは謝罪する。そして違うところは違うと、はっきりこの場で言ってほしかった』と持論を展開。箕輪氏がテレビに出ている人間としての責任を果たしていないことに苦言を呈していました」(テレビ誌ライター)

 箕輪氏については、「週刊文春」にて下請けの女性ライターがセクハラ、パワハラを受けていたことを告発。これに対して、箕輪氏は自身が主宰するオンラインサロンで「何がセクハラだよボケ」 「俺は反省してない」「 ふざけんなバーカ」と逆ギレしていたことが批判を浴びていた。

「しかし、水卜アナが突然、メッセージを読み上げたことに、一部の視聴者は完全に置いてけぼり。加藤も『あの記事』とボカし、何の説明もなしに『サロン』という単語を使ったことで、『ミトちゃんがいきなり読み始めた』『サロンって何?』『箕輪氏が何を犯したのかはっきりと言わないと』『視聴者からしたら意味不明だし、茶番だろ』と困惑した声が殺到。詳細を説明しなかったことで“身内に甘い”と感じた人が多かったようです」(前出・テレビ誌ライター)

 わざわざ番組で言及するのであれば、何の話かわからない「情報」では意味がなかったのではないか。

    ニュース設定