佐々木希は“ガチ切れ”!? 渡部建の携帯で「女性に片っ端から電話」も「離婚100%ない」と関係者

8

2020年06月11日 22:52  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

 6月10日、複数の女性と不倫関係にあることをニュースサイト「文春オンライン」で報じられたアンジャッシュ・渡部建。世間では、「芸能界追放」「離婚も必至」と厳しい声が多数上がっているものの、“視聴者が不快に思うスキャンダルを起こした”として、渡部自ら芸能活動の全面自粛を申し入れたことが明かされた9日時点では、「離婚は100%ない」との声が妻・佐々木希に近い関係者から漏れていたという。

 今回の騒動を詳報した11日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、同誌は6日に、MCを務める『王様のブランチ』(TBS系)の放送を終えた渡部を直撃。そしてその夜、渡部は不倫相手となった複数の女性に対し、「文春」の取材について確認の連絡を入れ、さらには佐々木も電話を代わり「嘘をついたら大変ですよ。彼を最後に会ったのはいつ?」などと詰問していたことを、相手女性の知人の証言とともに報じている。

「渡部と佐々木は以前から、不仲説や別居説などがささやかれ、いわゆる“仮面夫婦疑惑”がメディアで取り沙汰されていました。しかし、今回報道が出たことで、少なくともその疑惑は払拭されることに。直近でも渡部は、妻や子どものいる自宅に帰っているし、なにより佐々木の“ガチ切れ電話”は、夫婦関係が終わっているのであれば考えられないことです」(スポーツ紙記者)

 記事に書かれていたのは、佐々木がB子さんという女性を問い詰めた場面のみだったが、佐々木による“詰め電話”は、その後も果てしなく続いていたのだとか。

「佐々木は渡部の携帯電話を取り上げ、登録者やLINEの友だち、着信履歴までチェックし、女性の連絡先を見つけるや、『あなたは誰ですか?』『夫とはどんな関係?』『最後に会ったのはいつ?』と、片っ端から問い詰めていったそうです。夫が複数の女性と関係を持っていたことを知れば、その時点で愛想を尽かしそうなものですが、逆にここまでの行動に出ていたのであれば、やはりこの段階では、佐々木は離婚を考えてはいなかったのでしょう」(同)

 しかし、夫の不倫を知った日から4日後の10日、佐々木は「文春」の早売り記事を読むこととなった。

「記事には野外フェスで女性といちゃつく渡部の写真が掲載されており、また多目的トイレで密会し、行為後に1万円を渡していたなど、衝撃的な内容が盛りだくさんでしたから、佐々木が知らなかった事実もあったでしょう。今回の騒動を受け、佐々木の所属事務所・トップコートは、一部メディアの取材に対し、『夫婦間のプライベートなお話しについて、お答えする立場にありません』とコメントを出していますが、『文春』報道後の夫婦の状況は今のところ明らかになっていません」(同)

 記事を読んでもなお、佐々木は「離婚はしない」という意思を貫いているのだろうか。

このニュースに関するつぶやき

  • 出たexclamation「近い関係者」ww
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 佐々木希も強いですね。
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ニュース設定