アンジャ渡部建、「多目的トイレに呼び出し1万円」で袴田吉彦、原田龍二超えの“セコ不倫王”に

5

2020年06月12日 01:02  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真アンジャッシュ・渡部建
アンジャッシュ・渡部建

 不倫が発覚した芸能人は数多いが、これは“星三つ”レベルのゲスさだろう。

 6月11日発売の「週刊文春」(文藝春秋)がアンジャッシュ・渡部建の「テイクアウト不倫」を報じた。渡部は2017年4月に佐々木希と結婚、翌年9月に第1子が生まれているが、複数の女性と不倫していたという。

「記事では複数の女性との肉体関係が詳細に報じられています。その中で、乱交パーティに参加していたこと、六本木ヒルズの多目的トイレで行為に及んでいたこと、LINE電話での相互オナニーが趣味で、相手には大人のオモチャを持って待機させていたことなど、渡部のさわやかイメージが崩壊する内容ばかり。佐々木も目を覆いたくなったでしょうね」(芸能記者)

 数ある衝撃エピソードの中でも、とりわけインパクトがあったのが、六本木ヒルズの多目的トイレでの不貞プレイ。渡部は度重なるヒルズのトイレセックスの対価として1万円の現金を渡していたというが、これにはあの不倫の大先輩たちも苦笑いしているかもしれない。

「17年に不倫が発覚した袴田吉彦は、10回ホテルに行ったが、そのうち7回がアパホテル。しかも、ポイントカードをためていたことから『セコい!』の大合唱となりました。また19年に車中不倫が発覚した原田龍二は、SNSで複数のファンと連絡を取り、不倫がバレないよう原田の自宅近くの駅、空港の駐車場などに呼び出していたリーズナブルさにドン引きした人が多数。しかし、渡部の『多目的トイレに呼び出して1万円』のお手軽ぶりはそれ以上ですね。テレビレギュラー8本の超売れっ子だけに、余計にセコさが際立っています」(前出・芸能記者)

 幸いにも(?)袴田、原田は不倫現場である「アパホテル」や「4WD」をネタにして芸能界に復帰できたが、渡部の「多目的トイレ」というのはネタにしづらく復帰は遠のきそうだ。

このニュースに関するつぶやき

  • セコ不倫とか分かってないね。車でとか、トイレとか、ただそういった場所でやるのが好きなだけでしょう。セコいじゃない。誰もがある性趣向。性癖。トイレなんて認めないけどね�դ��դ�
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • もっと上手く遊べばいいのに。
    • イイネ!18
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定