ニッキー・ミナージュ、新曲発表もコラボ相手にファン「ガッカリ」 MV公開で妊娠説も濃厚に

0

2020年06月15日 18:32  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真ニッキー・ミナージュの新曲にファンは不満!?(画像は『Barbie 2020年2月27日付Instagram「2 MORE DAYS YALL」』のスクリーンショット)
ニッキー・ミナージュの新曲にファンは不満!?(画像は『Barbie 2020年2月27日付Instagram「2 MORE DAYS YALL」』のスクリーンショット)
5月にドージャ・キャットとのコラボ曲『Say So』をリリースし、「Billboard」でナンバーワンを獲得した女性ラッパーのニッキー・ミナージュ(37)。勢いの止まらないニッキーは今月も続けて新曲を発表したが、そのコラボ相手にファンは不満があるようだ。

【この記事の動画を見る】

現地時間6月12日、ニッキー・ミナージュは若手ラッパーのテカシ・シックスナインとのコラボ曲『Trollz』をリリースした。

テカシと言えば、出所後初となる『GOOBA』をリリースし「Billboard」のトップ3にランクインしていたが、アリアナ・グランデとジャスティン・ビーバーのコラボ曲『Stuck with U』にトップの座を奪われたことで彼らに喧嘩をふっかけて騒動を起こしていたのは記憶に新しい。そんなテカシとニッキーがコラボするのは2018年の『FEFE』以降2度目である。ニッキーは自身のTwitterとInstagramにテカシとのツーショットをアップし「『Trollz』のグッズ含め、この曲の売上の一部は『非営利団体ベイル・プロジェクト(無償で保釈金を支援する会社)』に寄付されるの。この資金は、裁判中に保釈金を支払えない低所得の被告人への無償保釈金支援になるわ」というコメントを添えた。さらに「#BlackLivesMatter」とタグ付けし、白人警官による黒人暴力殺害事件以降、黒人の社会的公正を求める活動へサポートする姿勢も見せている。しかしニッキーのファンは新曲リリースについて、そのコラボ相手に不満の声をあげた。

「クレイジー! ニッキーはどうしてみんなが嫌うシックスナイン(テカシ)とコラボなんかできるんだ。一体どうしたんだ。」
「ニッキーのことは愛しているけどガッカリだよ。」
「よくも毎度“Nワード”(Nigger(ニガー):黒人を指す蔑称)を連呼する白人とタッグを組んでおきながら#BlackLivesMatterなんてタグ付けできるね。」


なかにはテカシの犯罪歴を持ち出し、「レイプ犯罪者とコラボなんかするな」といった厳しいコメントも寄せられている。Twitterではニッキーのアップした写真に写るテカシを塗りつぶして消した画像が見られるほど、ファンは彼とのコラボに相当不服のもよう。しかし同曲はリリース後わずか一日で4600万の再生回数を記録し、ヒップホップ史上初の快挙を達成したという。

一方ファンの中にはかねてより浮上していたニッキーの妊娠説から、彼女がアップした写真やMVの中で見られる“お腹”に注目するものもいた。2月頃にお腹をさする投稿やつわりを示唆する発言をしたニッキーだが、未だ真相は不明のままである。

ニッキーはMVの中でカラフルな水着で登場するも、そのお腹ははっきりと確認できない。またテカシとのツーショットでもファーのビキニ姿だったが、お腹の前に手を置いていた。このようにお腹を隠す様子から「やはりニッキーは妊娠しているのでは?」とファンは疑っている。しかし現地時間13日に、ニッキーが公開した大胆な写真が妊娠を裏付ける重大なヒントになったようだ。ニッキーはトップレスでバストトップを星のステッカーで隠したなんとも際どい写真を公開しており、足を組んでいることからお腹の形は確認できないが、膨らみがあるようにも見えなくはない。これに「あのお腹は絶対妊娠している!」とファンは大騒ぎした。「ニッキーは絶対に妊娠している。あれは黒い正中線を修正して消しているね。あと妊娠すると乳輪が黒ずむから、ああやってカバーしているんだ。おめでとう、シスター」といった核心を突くコメントも見受けられた。



画像は『Barbie 2020年2月27日付Instagram「2 MORE DAYS YALL」、2020年6月10日付Instagram「A portion of the proceeds from #Trollz including merch items, will be going directly to The Bail Project Inc.」、2020年6月13日付Instagram「#Trollz #1 in 50 countries.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MIE)
    ニュース設定