“かき氷の女王”が作る独創的なかき氷

62

2020年06月16日 07:02  オズモール

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

オズモール

写真写真
◆【かき氷】“かき氷の女王”が作る独創的なかき氷。中野新橋「氷舎mamatoko」が愛される理由とは?

夏になると恋しくなるかき氷。今回は、都内の名物かき氷の魅力をご紹介。東京・中野新橋「氷舎mamatoko」は、かき氷好きが高じてお店まで開いた原田麻子さんのお店。“かき氷の女王”の異名を持つ原田さんが作るかき氷とは?




手間ひま惜しまず作られるかき氷は、体にすうっと溶け込むよう

東京・中野新橋の駅から住宅街を抜けていくと現れる「氷舎mamatoko」は、かき氷をこよなく愛する原田麻子さんのお店。かき氷をこよなく愛する原田さんは、2016年にお店を開く前から現在に至るまで、東京を中心に年間約1500杯のかき氷を食べ歩いていたという。

「会社勤めをしながらお金を貯め、日曜日限定のかき氷屋としても活動していました」という原田さん。理想とするのは、口溶けがよく、するすると入っていくようなかき氷。なんと、シロップに合わせて氷の削り方も変えているのだとか。



「「焼きカスタードと煮りんご」(メイン写真・1500円※季節限定のため現在取り扱いなし)のような、ちょっとデコラティブなかき氷も作りますが、基本はシンプル。口の中に入れるとふわっと溶けてなくなる氷をイメージしています」とにっこり。

日替わり、季節がわりのメニューは、基本的には「自分がおいしいと思うもの」。だからメニュー化するまでには、手間も時間もとことんかける。

こちらの煮りんごは、フランスの紅茶ブランド「THE O DOR」のハーブティーで煮ているのだとか。また、「お醤油黒糖みるく」や「酒粕クリーム」など和の素材を使ったかき氷のほか、夏は“甘くないかき氷”として「ガスパチョ」も登場するという。

独創的なメニューを見ているだけで「どんな味がするんだろう、あれもこれも食べてみたい…!」とワクワク。並んででも食べたいというファンが多いのも納得。豊富な“裏メニュー”は毎日SNSで更新しているので、出かける前に必ずチェックして。


◆ほかにもある!お店の人気メニューや雰囲気をチェック


シンプルだからこそ違いが際立つ、定番の「生いちごみるく」

季節に合わせて、いちばんおいしいいちごを使用するという「生いちごみるく」(1000円)。

甘酸っぱいいちごシロップと、やさしい甘さの自家製みるくの組み合わせは、誰からも愛されるおいしさ。氷の中にもいちごがたっぷり入っているのがうれしい。

※季節もののため、現在取り扱いなし




かき氷にお醤油…!?意外なおいしさにハマる人続出!

「お醤油黒みつみるくに小豆」(950円)は、“甘じょっぱい”かき氷。

コクのある黒糖の甘さと醤油の旨みと香りが口いっぱいに広がり、後を引くおいしさ。小豆の代わりに酒粕クリームをトッピングしたものも。



何度でも行きたくなる。クセになる原田さんのかき氷

2016年にオープン以来、メディア等でも取り上げられることの多い名店。カウンター6席、テーブル1卓のみのこじんまりとした店内は、常にかき氷ファンでいっぱいで、常連客も多い。

春はいちごや桜、初夏はレモンやマンゴー…といつ訪れても新たな味に出会えるはず。来店前に1万円札をくずしておくことと、SNSで裏メニューをチェックするのもお忘れなく。


OZmallからのお願い
新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策に従い、思いやりを持った行動をお願いします。


このニュースに関するつぶやき

  • 毎年毎年夏が近づくとこういった「かき氷」の話題が出る。そして毎年毎年行きたくなる。っが、「冷房の効いた店内で食べられないなあ」とか「とかく冷たいものはいっぱい食べられないんだよなあ」と二の足を踏んで結局行かないという。。。
    • イイネ!8
    • コメント 0件
  • かき氷に1000円とか1500円とかアホか。高すぎるやろ。そこまでして食いたいと思わんわ。コンビニの100円のアイスで十分���������꡼�� https://mixi.at/a9WnRvz
    • イイネ!18
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(35件)

ニュース設定