岡田准一×宮藤官九郎『木更津キャッツアイ』映画2作、初のBlu-ray化へ

0

2020年06月19日 00:03  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真映画『木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ』 (C)2006「木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ」製作委員会
映画『木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ』 (C)2006「木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ」製作委員会
岡田准一をはじめ櫻井翔、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史と豪華キャストが集結した宮藤官九郎脚本による「木更津キャッツアイ」シリーズの映画版2作品が、復刻特典映像と共に初めてBlu-ray化されることになった。



2002年、TBS系列にて全国放映されると話題となり、いまなお熱狂的なファンを持つ青春コメディドラマ「木更津キャッツアイ」。その映画版2作品『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(2003)と『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』(2006)が今回、初のBlu-ray化。

医者から余命半年と宣告された“ぶっさん”(岡田准一)を中心に、木更津にある高校野球部の仲間・バンビ(櫻井翔)、アニ(塚本高史)、マスター(佐藤隆太)、うっちー(岡田義徳)の5人が、昼は野球にバンド、夜は謎の怪盗団「木更津キャッツアイ」を結成し、様々なドタバタ劇を巻き起こしていく。映画版にもドラマと変わらぬ豪華メンバーが集結した。

Blu-ray化にあたり、以前発売されたDVDの特典映像が全て復刻。『日本シリーズ』には170分以上、『ワールドシリーズ』には190分以上の特典映像が収録されるという豪華仕様が実現した。

映画『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(2003)

余命半年を宣告されたぶっさんは死ぬほど元気。野球にビールに明け暮れるいつもと変わらない毎日だが、この夏、木更津で大規模なロックフェスティバルが開催されることに。出演アーティストの「氣志團」の推薦で、なんとキャッツのメンバーも参加が決定。

そんな折、突然みんなの前に死んだはずのオジー(古田新太)が現われ、キャッツたちは大騒ぎ。オジーの復活とロックフェスティバルで町中が盛り上がってきた頃、ぶっさんには新しい恋が芽生え始め、キャッツ全員には予想もしなかった波瀾万丈の展開が待っていた――。

映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』(2006)

ぶっさんの死後3年…キャッツの残された4人、バンビ、マスター、アニ、うっちーはバラバラの生活を送っていた。しかし、それぞれにぶっさんにちゃんと「ばいばい」を言えなかったことをずっと心に抱えたまま。そんなある日、バンビには死んだはずのぶっさんの声が聞こえた――。「それを作れば彼は帰ってくる…」。その謎を解くため、4人は久しぶりに木更津に集結。そして全く見当違いのものばかりを作り続けることに…! 果たして、ぶっさんは彼らに何を伝えようとしているのか? そして4人に襲いかかるあり得ない展開とは!?

映画『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』、映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』は9月11日(金)よりBlu-ray発売。




(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定