”浮気された主婦”が描く実用マンガに反響、証拠集めに示談書「経験伝えたい」

103

2020年06月25日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真“完全勝利”が反響を呼んだ『平凡な主婦 浮気に完全勝利する』(C)ワニブックス
“完全勝利”が反響を呼んだ『平凡な主婦 浮気に完全勝利する』(C)ワニブックス
 夫の浮気を知ってしまった主婦が、正々堂々と“完全勝利”をつかむまでのプロセスを1冊にまとめた『平凡な主婦 浮気に完全勝利する』(ワニブックス刊)が注目を集めている。著者の実体験を再現したコミックと、浮気された妻が有利に物事を進めるためのHOW TOをまとめた実用パートで構成。その具体的かつわかりやすい内容が、現在進行形で傷付いている人はもちろん、夫婦生活を円満に送るための新たなバイブルとしても共感を集めているようだ。著者のSOMANさんに話を聞いた。

【漫画】夫の浮気発見!その時主婦は…証拠を集めの裏技テクニックも

■誰も教えてくれない「離婚」の方法

──発売から3日で増刷という大反響で、Amazonの売れ筋ランキング1位になるなど電子書籍も好調です。

【SOMANさん】電子書籍は、このタイトルだと買うのが恥ずかしい方におすすめです(笑)。浮気調査は、夫にバレないよう秘密裏に証拠集めをするなど初動が肝心ですから。オロオロしているうちに時効になってしまうこともありますからね。

──SOMANさんがこの本を書こうと決めたのは、夫の浮気を知った直後だったそうですね。

【SOMANさん】浮気されて初めて知ることが本当に多かったので、物事を1つ1つ進めていくごとに「これは忘れちゃいけない」と、細かくメモを取っていました(笑)。浮気の証拠の集め方や、コレを何回したら浮気と認められる=離婚を有利に進められるといった目安、相手の女性から賠償や示談書を取る方法、夫に書いてもらう誓約書などです。

──離婚の方法は、誰も教えてくれません。

【SOMANさん】そうなんですよ。私の場合、真面目な夫の浮気は本気だろうと思ったので、離婚しかないと思ってAmazonで「離婚 最短」とか「離婚 勝利」などのワードで資料を検索したんです。でも出てくるのは、文字が多くて分かりにくそうな本や、「傷付いているあなたへ」みたいなメンタルケアの本が多くて、「いやいや、それは今じゃなくて!」という(笑)。傷付いた心を癒すのは、物事に決着をつけたあとでいいですから。

■「離婚はしない」という選択も視野に

──誓約書と3000万円の公正証書で決着がつきました。

【SOMANさん】浮気の決着のつけ方は夫婦によってさまざまです。私としては、相手を本気で好きになったのなら、すぐに離婚しようと思ってたんですよ。だけど、そこまで深い気持ちではなく全力の謝罪があったので、今回は許すことにしました。ただし、「今後浮気をした場合」の公正証書を書いてもらいました。きちんとペナルティを課すことで、あとからネチネチ言わないことも夫婦生活を続けるためには大事だと思います。

──旦那さんとのやり取りもリアルに描かれていますが、とくに意識したことを教えてください。

【SOMANさん】まずは、自分の経験を包み隠さずに書こうと思いました。とくに浮気調査の探偵事務所にいくら払ったのか、相手の女性からいくら賠償してもらえたのかといった数字はすべてリアルです。あとは失敗談じゃないですけど、今思うと「ムダなコストをかけてしまったかも?」ということも書きました。私の場合は相手の女性から賠償金と謝罪文をもらうために弁護士を立てたんですが、なかなか時間がかかって思うように進まず、しかもその弁護士が機械的な対応だったので驚きました。

──弁護士は気持ちで寄り添ってはくれなかったと…。

【SOMANさん】まあ、年間何十件も同じようなケースに対応してるんだから仕方ないんでしょうけど、心が折れてるときにはやっぱり傷付きますよね。逆に、探偵の方には助けられました。気持ちの面でも支えてくれたと思います。

──浮気を見つける“裏技テクニック”には驚きました。

【SOMANさん】探偵の方が教えてくれるんですよ。浮気証拠のLINEやり取りを見つけたときは、撮影するとシャッター音で気づかれるかもしれないから動画で撮影したほうがいいとか。そのときに「機内モード」でネットを切断しておくとか。「既読」になるとバレますからね。

──頼もしいですね。一方で、浮気調査や弁護士費用などにかかるコストが膨大なので、浮気をされても太刀打ちできないと考える人も多いようです。

【SOMANさん】たしかに、探偵社は決して安くはなかったです。私は親に頼んで150万円を工面してもらいました。また、お子さんがいる場合など私のケースに当てはまらない方もいると思います。でもだからと言って泣き寝入りしてほしくなかったので、この本には編集さんのアドバイスもいただきながら、なるべくお金をかけず確実に浮気の証拠を集める方法も盛り込みました。

■「私だったら離婚する」という“外野の意見”に惑わされない

──現在は夫婦の絆もさらに深まり、ご自身も成長したことで「夫の浮気があってよかった」とさえ振り返っています。

【SOMANさん】この本の裏テーマとして私が書きたかったのは、「自分の人生は自分で選択すること。どんな答えを出すにしても、それが正解になるように前向きに自分の人生を作ってほしい」ということでした。そのために知っておいたほうがいい知識や情報を、1冊の本にまとめたかったんです。

──いろんな人に相談すると、たくさんの意見に惑わされることもあります。

【SOMANさん】じつは女友だちと話していても、浮気を知って「自分にも原因があったんじゃないか」と自らを責めてしまう人ってけっこういるんですよね。世間的にもそういう言説がまかり通っているところがあって、誰かに相談したらさらに傷をえぐられるようなことを言われたりすることもある。それって本当につらいと思うんですよ。浮気は100%したほうに非があるんです。妻は悪くない。もし妻に不満があるのなら、浮気する前に話してほしい。それが普通だと思います。

──浮気に悩む主婦にメッセージを送るとしたら。

【SOMANさん】外野の意見に惑わされないで、この本があなたにとっての“完全勝利”をつかむバイブル本になったらいいなと思っています。そして「浮気をしたら、私はここまでやるよ」と意思表示しておくことも大切だと思います。

このニュースに関するつぶやき

  • 浮気する旦那もなんだけど、他人のスマホ勝手に見ちゃう奥さんもあれだわな。割れ鍋に綴じ蓋で相性良かったんじゃないの?
    • イイネ!1
    • コメント 1件
  • こういう本が必要ないのが一番なんだけどね……
    • イイネ!109
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(61件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定