Snow ManのYouTubeが“あの層”に大ウケ! レギュラー番組が急増する⁉

0

2020年06月27日 00:42  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真(c)日刊サイゾー
(c)日刊サイゾー

 今年1月にデビューしたジャニーズグループ・Snow Manが、ファン層を拡大させているという。

 デビュー曲『Imitation Rain/D.D.』は、今年上半期のオリコンシングルランキングで1位を獲得。現在はメンバーの岩本照が謹慎処分を受けていて8人になっているものの、グループの人気はうなぎのぼりとなっている。音楽ライターが語る。

「Snow Manは下積み時代が長く、その時代を彼らの成長と一緒に見守っていた中高年女性たちが、デビュー後の彼らの主たるファンと見られていました。ところが、ここにきてある層からの人気が高くなってきているんです」

 その火付け役となっているのが彼らのYouTubeチャンネルだという。

 6月24日は同チャンネルにて、パフォーマンスに定評のあるSnow Manが「しりとりダンス」に挑戦。リズムに合わせて順番にワンエイトカウントでダンスを踊り、次の人は前の人のダンスと新たな振り付けを追加し、しりとりのようにつなげていくというもの。

「これが小学生に大ウケしています。他にも人狼ゲームだったり、クレーンゲームだったりと、小学生が興味を持ちそうな企画が多い。メンバーの渡辺翔太もバスに乗ったときに、小学生に気づかれて騒ぎになったエピソードをラジオで明かしています」(前出・音楽ライター)

 テレビ界もその小学生人気にはあやかりたいところだという。

「“テレビ離れ”という言葉がよく聞かれますが、いまテレビよりもYouTubeという小中学生や若い世代は多いのが実情です。だから小学生から人気のあるSnow Manというのはテレビ界にとっては超逸材。これからどんどん地上波でのレギュラー番組が増えるでしょう。すでに“ポスト嵐”を見越して、TBSが囲い込みに入っているともっぱらです」(テレビ関係者)

 Snow Manはこれからまだまだ人気は伸びそうだ。

    ニュース設定