「東京メトロ・AGCコラボ展」開催、地下鉄とガラスの関わりに焦点

0

2020年07月01日 19:12  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
東京メトロとガラス最大手のAGCは、7月1日から11月28日まで、東京メトロ銀座線リニューアルを記念した展示会「東京メトロ・AGCコラボ展 チカテツ×ガラス=未来ヲツクル」を東京・京橋の「AGC Studio」にて共同開催する。

この展示会は、「地下鉄」と「ガラス」というそれぞれの分野で人々の生活を支えてきた両社が、銀座線リニューアルのコンセプト「伝統と先端の融合」をテーマに、両社の関わりやAGCの鉄道関連事業・製品などを紹介する内容となっている。東京メトロの最新技術を搭載した車両の模型、歴代の制服、きっぷや集改札ボックスなど、駅・車両にまつわるアーカイブもその歴史とともに展示する。

いずれも身近な存在である地下鉄とガラスを軸に、「どのように古き良き伝統を大切にしながら、新しい技術や発想を取り入れてきたのか」「新しい価値をどのように生み出しているか」を体感できる展示になるという。

開館時間は10〜18時、休刊日は7・8月が月曜日(8月10日は開館)、9〜11月は日・月曜日と祝日。入場無料。来場者にはオリジナルきっぷ(乗車はできない記念品)をプレゼントする。展示内容はウェブでも公開され、詳細は「AGC Studio」ウェブサイトで確認できる。(佐々木康弘)
    ニュース設定