伝説のダンサーが遺した魂を紡ぐ『イサドラの子どもたち』公開

0

2020年07月02日 15:03  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『イサドラの子どもたち』
『イサドラの子どもたち』
伝説のダンサー、イサドラ・ダンカンが遺した創作ダンスをもとにフランスの俊英ダミアン・マニヴェル監督が描き、第72回ロカルノ国際映画祭最優秀監督賞を受賞した『イサドラの子どもたち』の日本公開が決定した。

モダンダンスの始祖として知られるイサドラ・ダンカン(1878〜1927)。20世紀初頭、舞踊の世界に革命を起こした彼女は、1913年4月、2人の子どもを事故で亡くし、その痛みに苦しみながら、亡き子どもたちに捧げるソロダンス「母」を創り上げた。それから100年の時を経て、現代に生きる4人の女性がイサドラの「母」と邂逅する――。

本作は、イサドラ・ダンカンの遺したダンス「母」から生まれた、3つの喪失と再生の物語。山形国際ドキュメンタリー映画祭2019での日本プレミア上映が大反響を受け、公開が熱望されていた作品。

『若き詩人』や『泳ぎすぎた夜』(五十嵐耕平との共同監督)が話題を呼んだダミアン・マニヴェルが、まったく新しい試みで「母」の翻案に挑み、イサドラと子どもたちの物語を紡ぎあげ、彼女の抱えた痛々しくも狂おしい愛が4人の女性たちの身体を通して呼応し、伝播していく喪失と再生の物語として紡ぎ上げた。

物語を綴るのは、それぞれ異なる身体・年齢・境遇にある4人の女たち。イサドラの自伝と舞踊譜をもとに「母」の踊りと向き合う、振付師のアガト。対話を通じて新しい「母」を共作する若きダンサーのマノンと振付師のマリカ。そして、「母」の公演を観劇したエルザは自らと重ね合わせながら今夜の記憶を反芻する。

悲しくも崇高な物語が、ミニマムな物語形式と情感溢れるカメラワークによって紡がれ、ロシアの作曲家アレクサンドル・スクリャービン(1872〜1915)の楽曲が美しく彩る。その先鋭的な映画手法は、コンテンポラリーダンサーとしても活躍した監督だからこそなしえたもの。それはダンス映画の枠を超え、一篇の詩のように魅了する。

『イサドラの子どもたち』は9月26日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。

(text:cinemacafe.net)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定