サブスクリプションって何?今さら聞けない基本から使い方まで全部チェック

1

2020年07月03日 12:10  mamagirl

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

“サブスク”とはどんなもの?サブスクリプションの基本からモデル、使い方などをご紹介します。

【詳細】他の写真はこちら



■サブスクリプションって何?定額制で好きなだけいろんなものが楽しめる!
サブスクとはずばり、代金を定額制で支払うということ!

・サブスクリプションは、ビジネスモデルのひとつ!

商品やサービスを提供するお店側からすると、サブスクリプションとはビジネスモデルのひとつで、その事業資金を作る方法は“サブスクリプションファイナンス”と言われます。

サブスクリプションファイナンスとは、お客さんに前払いしてもらった分に対しリターンとしてサービスを提供し、それに満足したお客さんが課金を継続する…というサイクルのことです。
“商品をひとつ売って完了”のカタチではなく、“1人のお客さんに継続してサービスを提供し関係性をつくる”ことを大切にし、より満足してもらえるサービスにするためお客さん目線に立った努力が必要になるのです。
モノを“所有する”ことより“消費する”ことへ、体験にお金を使うことへのニーズが増えてきているから成り立つものかもしれませんね。



・定額前払いで使い放題☆サブスクの基本

出典:photoAC

決まった料金を前払いして、一定期間サービスを使い放題できるのがサブスクリプションのシステム。申し込みはオンラインでできるものがほとんど。スマホなどでさくさくとできます。キャッシュレスというのも注目ポイントですね。
ジャンルは広く、特に音楽や映像作品の配信サービスや飲食関係などには多くのユーザーがついています。
また“車に乗り放題”や“”エステ通い放題”など、いろんなサービスに対応できるビジネスモデルなので、これからもっと充実していきそうですね♡


■そっか、これもサブスク☆サブスクのいろいろ
サブスクにはどんなものがある?よく耳にするあれも、実はサブスクだったとは!

・【動画や音楽】配信サービスは低価格で好きなだけ楽しめる

出典:photoAC

動画や音楽などの配信サービスは、サブスクの定番。
例えば、月額800〜1,800円(税抜)のプランで1カ月間映画などが見放題という「Netflix(ネットフリックス)」。iPhoneなどのスマホやパソコン、タブレットなどで利用できるので、いつでもどこでも観られますね。
音楽配信サービス「Spotify(スポティファイ)」には、定額で30日間好きな曲をダウンロードし放題のプランなどがあります。また、シャッフルで曲が聴ける無料プランがあるので、新しいお気に入りを探したいというときには最適ですね☆



・【飲食関係】食べる、飲むは毎日のこと☆サブスク使わなきゃソン?!

出典:photoAC ※写真はイメージです

出勤日のランチや通勤時間に調達したいコーヒー。行動範囲の決まっていることの多いオフィスタイムは、サブスク活躍の予感大!ですね。
例えば、提携したカフェでなら月額3,980円(税抜)でコーヒーが飲み放題(お店により制限あり)というサービス「ゼロcafé」や、加盟店でなら月額7,980円(税抜)で毎日1食ランチが楽しめる「always LUNCH(オールウェイズランチ)」などがあります。
1店舗でサブスクを取り入れているお店ももちろんありますし、上のようにたくさんのお店の中から今日行きたい所を選べるサービスも。その日の気分で楽しめるというのがうれしいですね♡



・【本】かさばらず軽い☆読書好きの救世主かも!

出典:photoAC

「読書好きだけど本を置く場所がないし、重いのは疲れる」という方には、スマホ1台で無制限に読めるサブスクがぴったり。
Amazon発の「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」では、月額980円(税込)で、小説やコミック、雑誌などいろんな書籍を無制限に読めます。初めの1カ月は無料体験ができるというのもうれしいところ。



・【英会話】好きな時間に自分磨き!英語のスキルアップまでサブスクで

出典:photoAC

英会話ならオンラインでもやれますね。サブスクを利用して無制限にレッスンを受けられるのは、英語のスキルアップに効果大!
「Native Camp(ネイティブキャンプ)」には月額6,480円(税込)プランなどがあり、1回25分までなら回数無制限で英会話レッスンを受けられるというもの。24時間365日、どこにいてもすきま時間を有効に使えるのはうれしいですね。


■サブスクリプション、使ったほうがいいメリットは?
サブスクリプションをうまく使うとどんなメリットがあるのでしょうか。

・定額制の強み。使えば使うほどもちろんお得!

例えば1件300円のサービスを月10回利用したい場合。都度利用をすると3,000円になりますが、サブスク利用で月2,400円に設定してあると、8回利用の時点で元が取れ、9回目からはタダでこのサービスが受けられるということです。

もし10回以上使いたくなっても、料金を気にせずどんどん利用できるということですね!



・意外な出会いがあるのがサブスク

出典:photoAC ※写真はイメージです

サブスクサービスには、「サブスクリプションボックス」というものがあります。ジャンルだけを選んでおくと、そのジャンル内でお店がおすすめする商品を月替わりで送ってくれる、というようなサービスです。
例えば「subsc(サブスク)」というサイトは、サブスクリプションボックス専門のショッピングモール。いろんな出店者の中から好きなサービスを利用できます。商品は肉やワインなどの飲食関係はもちろん、『株式会社greenpiece(グリーンピース)』が取り扱っている「ドライフラワーになりやすいお花の定期便」など幅広く展開されています。
箱を開けるまで何が入っているか分からないという楽しみにワクワク!自分の好みからはまず選ばないものが来ることもあって、ステキな出会いになりますね!



・入会もスマホなら、解約もスマホで☆

出典:photoAC

「これは少し飽きちゃった…他のを試してみたいな」なんてとき。入会のときと同じように、解約もスマホでさくさくとできるのはありがたいですね。


■サブスクリプション、デメリットも知って賢く使おう
メリットがあればデメリットもある…でも、知っていれば怖くない!

・解約手続きを忘れがち…

解約しようと思っているプランがあるときに。その月の解約期限を過ぎてしまったら、もう1カ月延長になってしまいます。料金もかさんでくるので、ご注意くださいね。



・パスワードの管理がたいへんになることも…

出典:photoAC

便利でお得なサブスクですが、いろんなジャンルを利用しているとたいへんなのが、パスワードの管理。忘れないように書き記しておく、パスワード管理アプリを使ってみるなど、自分に合った方法できちんと管理しましょう。



・たくさん使って元をとらないと損をしてしまうことに…

サブスクの最大の魅力は、その都度の利用よりも安くサービスを受けられるということ。なので、たくさん使わないともったいないですね。「このサービスなら絶対にヘビロテ!」と思えるものを吟味しましょう。


■サブスクリプションについてもっと知りたい!そんなときにおすすめの本
売る側の知識は、買う側の知識でもある!サブスクライフを充実させたいあなたにお役立ちの本をご紹介。

出典:photoAC




・『サブスクリプション―「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル』

各種サブスク企業がどのようにお客さんと関係を作ったのか、サブスクビジネスにトライするためのハウツーなどが分かります。

ティエン・ツォ(著)、ゲイブ・ワイザート(著)、2018年「ダイヤモンド社」出版、単行本 1,980円(税込)




・『60分でわかる!サブスクリプション』

サブスクの成功例などを知り、ビジネスに取り入れていくためのノウハウを学べます。

リンクアップ(著)、株式会社サブスクリプション総合研究所 宮崎琢磨 (著)、2020年「技術評論社」出版、単行本1,210円(税込)


■モノよりコトへ―経験を買う時代にサブスクリプションを利用しよう!

出典:photoAC

いつでもどこでもオンラインでつながれるいま、サブスクには新しい消費のカタチとして大きな可能性があります。また、お店側がお客さんひとりひとりともっと良い関係性を作っていくという点では、人とのきずなを強くしてくれるメリットもあるのです♡
お得で楽しいサブスクライフ、あなたもはじめてみませんか?

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定