「間違いなく史上最大のピンチ(笑)」新章開幕早々、毛利小五郎に緊急事態発生!?/サンデー31・32合併号『名探偵コナン』

2

2020年07月03日 17:42  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『週刊少年サンデー』31・32合併号(小学館)
『週刊少年サンデー』31・32合併号(小学館)

 2020年7月1日(水)に発売された『週刊少年サンデー』31・32合併号。『名探偵コナン』では新章がスタートするものの、冒頭から「おっちゃんのピンチにワロタ」と読者の爆笑をかっさらっているようだ。

『キングダム』一寸先は闇… 新趙王の暗君ぶりに「あんな王絶望しかない」と悲鳴続出/ヤングジャンプ30号

 物語は、毛利小五郎の“あるピンチ”から始まる。「なんてこった…」「俺とした事が… 迂闊にも程がある…」と今までにないほど深刻そうな表情を浮かべる小五郎。誰も知らないところで彼は今、“トイレットペーパーがない”という窮地に立たされていた――。

 事の発端は、緊急事態が起こる2時間前。小五郎が愛してやまない人気アイドル・沖野ヨーコが、ある事件を解くために毛利探偵事務所へとやって来た。彼女の話によると、ドラマのロケハン先で密室殺人が起きたという。

 不可解な点が多い今回の事件に対し、“謎を解き明かしてほしい”とお願いするヨーコ。もちろん小五郎は快く引き受けようとするが、そのタイミングでお腹に異変が…。どうやら先ほど食べた“消費期限切れのバターサンド”があたり、お腹を壊してしまったらしい。

 小五郎は急いでトイレに駆け込むも、今度は“トイレの紙がない”という緊急事態が発生。大好きなヨーコの前で“トイレットペーパーを持ってきてほしい”と言えるはずもなく、小五郎はトイレから出るに出られないでいたのだった。

 これにはネット上も「おっちゃん… 初っ端から何してるのwww」「小五郎にとって、間違いなく史上最大のピンチ(笑)」と大爆笑。果たして小五郎に救いの手は差しのべられるのか、来週の展開を楽しみにしていよう。

img02
『名探偵コナン』98巻(青山剛昌/小学館)

このニュースに関するつぶやき

  • 腐女子に媚びて金と人気に溺れた下衆な銭ゲバ老害青山はとっとと話畳んで、どうぞ(唾棄
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定