7年ぶりのリニューアル! GALLERIAデスクトップPCがボディーを一新、シリーズ名もシンプルに

0

2020年07月03日 18:22  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真ATXサイズの新ボディーと松原氏
ATXサイズの新ボディーと松原氏

 サードウェーブは7月3日、同社が運営する施設「LFS(ルフス)池袋 esports Arena」にて「新プロジェクト新モデル記者発表会」を開催。同社が展開するゲーミングPCブランド「GALLERIA」のデスクトップPCにおいて、7年ぶりにデザインを一新したボディーを明らかにした。新モデルの予約は7月10日から行われる予定だ。



【その他の画像】



●「BREAK THE NORMAL」でGALLERIA設立以来の大リニューアル



 発表会に登壇した、同社の上席執行役員 製品・マーケティング統括本部 統括本部長の松原昭博氏は「これまでの18年間、GALLERIAは黒くていかつい筋肉質なボディーだった。しかしeSportsが盛り上がっている今、もっと広くのお客さまに訴求したいと考えた。もう一度、ゼロベースで見直そうという気持ちだった」と話す。



 このため、新しいボディーはグレーを基調としたイメージになり、デザイナーもモーターショーなどでお披露目される車のプロトタイプをデザインする人に発注したのだという。「ただしデザインのためのデザインはしない。過飾に走らないというコンセプトだ」(松原氏)。また、GALLERIAロゴも黒バックから青バックに変更された。



 発表されたボディーは4種類で、アルミパーツを採用した「SK-Premium」と、ガンメタリック塗装になる「SK-Standard」の2機種。それぞれにmicroATXとATX対応のボディーが用意される。サイズはミニタワーが約220(幅)×440(奥行き)×425(高さ)mm、ミドルタワーが約220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mmとなっている。重量は約14kgだ。



 なお、新しいボディーはカーデザイナーに発注したとだけあって、かなり洗練された印象を受ける。これまでは正面下側に配置されていたUSBポートなども、上面に移動してアクセスしやすくなった。エアフローについても再検討し、これまでの前面吸気から横面吸気に変更された。これにより天板側からもエアフローが行われるようになったが、ボディーの上に物を置く人が多いということで、スリットは開けるが、間にメッシュのシートを入れた3層構造にして、ホコリなどがPCの中に落ちるのを防ぐようにしている。



 今回のリニューアルで目玉の1つとなる、ボディー正面周囲に配置されたLEDは7色のRGBカラーに対応しており、発売後にはソフトウェアが提供され、光り方をカスタマイズできるようになるとのことだ。



●ゲーマーライフを長く支えるようなデザインに



 同社の製品・マーケティング統括本部 企画部 GALLERIA製品企画担当の瀧吉佑介氏は、今回のボディーについて「キーワードは『相棒-Sidekick-」としながら、「今回のデザインは、コンセプトをどの方向性にするか。eSports選手権などでユーザーに触れる中から、操作性、信頼性、質感に主眼を置き、長く愛用できる製品に仕上げた」と語る。



 LANパーティーなど、PC本体を持ち運んで使うケースもあるが、その際にはグラフィックスカードが脱落してしまうケースもあったという。こうしたことを防ぐために、ボディーの左側に支柱をもうけ、物理的にグラフィックスカードを固定できるようにしたそうだ。



 また、新しいボディーの投入に合わせてラインアップを刷新したのも特徴だ。エントリーモデルからハイエンドモデルまでの流れを、一目で分かるようにしたという。



●会場にはケイン・コスギさんも登場



 発表会には、同社のGALLERIAアンバサダーであるケイン・コスギさんの他、同社がスポンサードするDeToNator(デトネイター)のストリーマーであるYamatoNさんとSPYGEAさんも登場した。



 ケインさんはステイホームの最中はずっとゲームをしていて、「筋肉番付のゲームやサスケのゲームをしていたら、連打で右腕がパンパンになった」という。新しいボディーを見た感想として「かっこいいですね。光るものが好きなので。今、ゲーム部屋を作る予定で、光るものを集めています。ちょうどよかったですね」と語った。



 GALLERIAのマシン自体にも触れて「スペックがすごいんですよ。どんなゲームをやってもラグやトラブルもなくて」と感想を述べる。またストリーマーであるYamatoNさんとSPYGEAさんについては、「よく配信を見ていて、うまいし面白いしすごい。よく話をしながらシューティングゲームができるなと思う」と語り、SPYGEAさんは「『リーグ・オブ・レジェンド』の配信を見ていたのですが、試合に負けて『Perfect Body!』と言いながら画面から消えた(腕立て伏せをやっていた)のは笑った。ケインさんらしい配信の仕方だなと」と述べた。



 今後の心構えを聞かれて、ケインさんは「いろいろなゲーム、FPSやMOVA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)など、男性女性、大人も子供もいろいろな人と楽しくプレイしたい。それがeSports」と語った。



●引き続き高校生を応援するサードウェーブ



 同社は、毎日新聞社と共催している全国高校生eSports選手権について、引き続き「高校eスポーツ部支援プログラム」を実施している。現在も募集中で、GALLERIAデスクトップPCを3台、ゲーミングディスプレイを3台、光回線のサードウェーブ光と合わせて1年間無償レンタルを行っている。先着500校で募集中だ。締切は2020年8月31日までとなる。


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定